おすすめの動画配信サービス

【インドア派に嬉しいコンテンツがたくさん!】dTVのメリットとデメリット

2022年1月9日

こんにちは、おうちでのんびり映画を見る時間が何より好きなアラフォー女性、れいこです。

dTVのメリットとデメリットを教えて。実際に使った人のリアルな感想が聞きたいな。

ワンコ

こんな声にお答えして、この記事ではdTVのメリットとデメリットを紹介します。

dTVはドコモが提供しているサービスですが、ドコモユーザーじゃなくても普通に使えるので安心してくださいね。

れいこ

この記事を書いている私は動画配信サービス歴6年以上。このブログでは動画配信サービスで見た作品の感想をたくさん書いてるよ。

私が実際にdTVを使って感じたリアルな感想を交えてるので、これからdTVを始めようか迷っている人はぜひ参考にしてください。

dTVの基本情報

dTVの基本情報を分かりやすく表にまとめました。

dTV
月額料金(税込) 550円
有料作品 あり
作品数 見放題/有料作品:約120,000本
無料お試し期間 31日間
画質 SD/HD
※一部4Kに対応
ダウンロード機能 あり
同時視聴台数 0
プロフィール登録数 0
公式サイト

dTV

dTVのメリット

実際に使ってみて感じたdTVのメリットは9つあります。

メリット①:月額料金が550円と安い

dTVの月額料金は税込550円。これは他の動画配信サービスと比べるとかなり安いです。

レンタルショップでDVDをレンタルすると5枚くらいしか見れませんが、dTVなら550円で選び放題。サイコーですね。

メリット②:オリジナルドラマやバラエティの評判が良い

dTVでは数多くのオリジナル作品を配信しているのですが、なかでもドラマやバラエティは充実していて評判が良いです。どんな作品があるのか少しだけ紹介しますね。

オリジナルドラマ作品の一部

オリジナルバラエティ作品の一部

まだまだたくさんあるよ。ぶっちゃけオリジナル作品だけでかなり楽しめるよ。

メリット③:音楽ジャンルが充実している

dTVは音楽ジャンルがかなり充実しています。最近ではコロナの影響で無観客ライブを行うアーティストも多いですが、dTVではそういったライブも配信しているので、おうちにいながらライブ会場にいるような臨場感が味わえますよ。

私はバックダンサーのキレッキレのパフォーマンスを見るのが好きなので時々ライブコンテンツを見ています。自分が踊っているような妄想をするのが好きなんですよね。

誰の目も気にせずマニアックな楽しみ方もできちゃうのがおうちライブの良いところ。

メリット④:VR体験ができる

「dTV VR」というアプリをインストールすればスマホでVR体験ができます。

VRゴーグルは必須ではないですが、あればより臨場感たっぷりに楽しめます。基本的にゴーグルは市販の安いやつでOK。スマホのインチに対応しているかはチェックしましょう。

私はホラー映画が大好きなのですが、以前「サディスティック・サーカス VR」が配信された時は舞い上がるほど嬉しかったです。やっぱり普通に見るのと全然違いました(*'ω'*)

VR作品は13歳未満の子には使わせないようにしましょう

視覚に影響を及ぼす恐れがあるため、13歳未満の方はご利用をお控えください。

dTV VRの楽しみ方

メリット⑤:インドア派に嬉しいコンテンツがある

dTVには2.5次元舞台、落語、カラオケ、フィットネスといった珍しいコンテンツがあります。

私はインドア派なので、おうちにいながらカラオケでストレス発散したりフィットネスで体を動かしたりできるのはめちゃくちゃありがたいです。

メリット⑥:dアカウントでドコモが提供する様々なサービスが利用できる

dTVに登録すると、ドコモユーザー以外の人は自動的にdアカウントが作られます。

dアカウントがあればドコモが提供する様々なサービスが利用できるので、これを機に色々と試してみましょう。

≫dアカウント対応サービス一覧はこちら

私は「dジョブ」「dブック」「dミュージック」を使ってるよ。

メリット⑦:ムービーコミックも楽しめる

dTVはムービーコミックが楽しめます。ムービーコミックは「漫画を動画として見る」というコンテンツですが、漫画を読んでるのと同じなのでお得な気分になれます。

ドラマ化されている漫画がムービーコミックとして配信されてたりすると、つい見比べて違いを探しちゃったりします。

作品数は多くないけど良い暇つぶしになるって感じ。

メリット⑧:ダウンロードできるのでオフラインでも視聴できる

dTVはダウンロード機能があります。

好きな作品をWi-Fi環境のある場所であらかじめダウンロードしておけば、通勤時や外出先などネット環境のない場所でも視聴できます。

メリット⑨:31日間は無料で試せる

dTVは31日間の無料お試し期間があります。もちろん無料期間中の解約もOK。お試し期間中に作品の傾向や使いやすさなど色々とチェックしましょう。

実際使ってみないと細かいところまでは分からないものだから無料で試せるのは嬉しいね。

≫dTVの公式サイトを確認する

dTVのデメリット

続いて、実際に使ってみて感じたdTVのデメリットを3つお伝えします。

デメリット①:見放題作品がそこまで多くない

dTVには見放題作品とレンタル作品があります。どのくらいの割合なのか公表はされてませんが、実際に使ってみた感じとしては見放題作品は全体の半分くらいといったところです。

見放題作品がそこまで多くないのは月額料金が安いので仕方なしと言ったところでしょうか。

デメリット②:視聴履歴が他のデバイスでダダ洩れになる

dTVは5台までデバイス登録できますが、他のデバイスで視聴する場合は履歴がダダ洩れになってしまいます。

デメリット③:同時視聴ができない

dTVは同時視聴ができません。どれか1つのデバイスで視聴している時は他のデバイスでは視聴できません。

視聴履歴、同時視聴の問題があるから家族での共有はおすすめしないよ。

dTVはどんな人におすすめ?

dTVは以下のような人におすすめです。

  • 月額料金を安く済ませたい
  • オリジナルドラマやバラエティがたくさん見たい
  • VR体験がしたい
  • 音楽ジャンルや舞台が好き
  • おうちにいながらストレス発散したい
  • dアカウントを使ってドコモのサービスを色々試してみたい
  • 1人で使う
  • 最初は無料で試してみたい

いくつか当てはまるなら、dTVはかなり満足できるはず。

まとめ:まずは無料で試してdTVのメリット・デメリットを感じてみよう

今回は、dTVのメリットとデメリットを紹介しました。

dTVは、おうちから出なくてもライブ、カラオケ、フィットネスといったコンテンツまで楽しめるインドア派の味方です。

ライブやカラオケでストレス発散してフィットネスで体を動かせばめちゃくちゃ健康的。

dTVは31日間の無料おためし期間があるので、まずは実際に使ってみてメリットとデメリットを感じてみましょう。もし合わないと感じたら無料期間の内に解約すればお金はかかりません。

登録自体は本当に簡単なので、気楽にやってみよう。

≫dTVの公式サイトを確認する

関連記事
dTVの登録方法を画像付きで紹介【auやソフトバンクユーザーなど、誰でも入れる】

この記事では、dTVの登録方法を画像付きで分かりやすく紹介しています。auやソフトバンクなど、ドコモユーザー以外の人でも簡単に登録できるので安心してください。登録する前の注意点や基本情報などもまとめたので、これからdTVに登録しようとしてる人はぜひ参考にしてください。

続きを見る

  • この記事を書いた人

れいこ

アラフォー女性で夫、娘、息子の4人家族。

ホラー映画とアニメが大好きな超インドア派。テレビが友達。

ホラー好きなくせにグロ耐性は弱めというチキン。

-おすすめの動画配信サービス