アニメ

【ラストまでネタバレ】アニメ版デスノートのあらすじ・感想をぶちまける

2020年4月10日

こんにちは、れいこです。

れいこ

最近デスノートにハマったアラフォー女性だよ。そう、今更だよ。

ここ数日でデスノートのアニメを一気見しちゃいました。

リアルタイムでは見てなかったんだけど、デスノートってもう14年以上前のアニメだったんですね。でも今見ても全然古さを感じなかったです。日本のアニメの技術はすごい。

というわけで今回は、

  • 【ラストまでネタバレ】アニメ版デスノートのあらすじ・感想をぶちまける
  • アニメ版デスノートの感想を熱く語る

の題材に沿って暑苦しく語りたいと思います。

れいこ

それでは、今日も飛ばしてまいります!

【ラストまでネタバレ】アニメ版デスノートのあらすじ・感想をぶちまける

※以下、激しくネタバレ含みます。

デスノートを拾い悪を裁くライト

高校生の夜神月(ライト)はある日怪しいノートを拾う。そう、このノートこそDEATH NOTE(デスノート)で、死神界で退屈していた死神リュークがわざと人間界に落としたものだったのだ。

ーこのノートに名前を書かれた人間は死ぬー

ーノートで殺すには相手の名前と顔が必要ー

デスノートの使い方やルールをリュークから教えてもらったライトは犯罪者を次々にデスノートで裁いていく。そうして悪人を裁くライトは『キラ』と呼ばれ、神のごとく崇める者達も現れ始める。

キラを捕まえるべく動き出した謎の天才探偵L

しかしキラは警察機構からすると立派な殺人犯。ICPOは謎の天才探偵L(エル)に協力を仰ぐことに。

Lは推理力を駆使してキラの正体に近付いていくが、FBIによる潜入捜査の際にFBIメンバーを全員キラに殺されてしまう。もちろんデスノートによって。

しかしこの一件でFBI捜査の対象になっていたライトに疑惑の目を強く向けるようになったL。ライトに近付く為にライトと同じ大学に入学する。

そしてLは自分の正体を明かした上でライトにキラ逮捕の捜査協力を依頼する。ライトも捜査状況を知るため、そしてLの動向を見張るためにこの依頼を受けることにする。

第二のキラの登場

そんな中、第二のキラが現れる。第二のキラは相手の顔を見ただけで殺せる『死神の目』を持っていて、テレビを通じてキラに会いたいとメッセージを送ってきた。

第二のキラの正体は弥海砂(愛称ミサミサ)というアイドルで、家族を殺した強盗をキラが裁いてくれたことからキラ信奉者となった女の子だった。

ミサは自分に好意を寄せていたジェラスという死神が遺したデスノートを所有していて、ミサの側にはジェラスの最期を見届けたレムという死神がついている。

そしてミサは直接ライトの家まで来て、キラに協力する代わりに彼女にして欲しいと言い出す。ライトはミサが持つ死神の目とレムの存在を危険視してミサの申し出を受け入れることに。

監禁されることで疑いを晴らしたキラ

ライトはミサの死神の目を使ってLの名前を知ろうと画策するが、第二のキラの物証を掴んだとしてミサが逮捕、監禁されてしまう。

監禁されても絶対にキラの正体について話さないミサ。見かねたレムはミサにデスノートの所有権を放棄させてデスノートに関する記憶を失わせる。そしてライトに「ミサを助けろ」と切迫した様子で詰め寄る。

ライトは「自分がキラなのかも知れないから自分も監禁して欲しい。」とLに頼み込み、自身も監禁させることに。

しかしライトが監禁されて数日経った頃に第三のキラが現れた。このことからライトとミサを疑う理由を失い、Lは困惑しつつも二人の監禁を解く。

実は監禁される前にライトはデスノートに「最後にデスノートに名前を書いてから13日以内に次の名前を書かないと死ぬ」といった嘘のルールをリュークに書かせていて、自分は監禁中にデスノートの所有権を放棄して記憶を消していたのだった。

そしてレムにデスノートを使うのに相応しい第三のキラを探させて、第三のキラにデスノートを使わせて自分とミサにかけられた疑いを晴らしたのだ。

ライトとLが共に捜査することに

デスノートの記憶を失ったライトは、どこからどう見ても悪を憎む正義感溢れる大学生にしか見えない。心の底からキラ逮捕に全力を注ぐ。Lもライトを疑いつつもライトの頭脳を認めて共に捜査することに。

そしてレムが第三のキラとして白羽の矢を立てた人物、ヨツバグループの火口という男をキラとして確保する。

その際、火口が持っていたデスノートを触ったライトは全ての記憶を取り戻す。そう、ここまでの流れは全て監禁される前にライトが計画していたことだったのだ。

「計画通り!」

そう心の中で歓喜し、ライトはキラとして悪を裁いていた頃のライトに完全に戻った。そしてついには「ミサを不遇な目に遭わせたくない」というレムの気持ちを利用して、レムのデスノートによりLを葬ることに成功する。

Lが死んだことは世界中に隠してキラ捜査を続ける為に二代目Lとなったライト。Lとしてキラを追う立場を演じつつ、キラとして裁きを繰り返す。そうして5年が経とうとしていた。

Lを継ぐ者、ニアとメロが登場

Lは密かに自分の後継者を育てていた。そして後継者として候補に挙がっていたニアとメロという少年が登場する。

この2人の少年は、次期Lとなる人物を育成する『ワイミーズハウス』という養護施設で育ち、そのトップにいたのがニアで次点がメロだったのだ。

ワイミーズハウスの責任者であるロジャーはLの死亡時に、「2人でLを継いだらどうか」と打診するも、メロは辞退してワイミーズハウスを出て行ってしまう。

そしてそれぞれが独自にキラを調査して5年、ついに対峙する時が来たのだった。

ライトの妹を人質にしてデスノートを手に入れたメロ

メロはマフィアを使い、キラ捜査本部長でありライトの父親でもある夜神総一郎の家族を誘拐してデスノートとの交換を要求してきた。そう、この誘拐された総一郎の家族こそがライトの妹の 夜神粧裕(さゆ)なのだった。

結局デスノートと人質は交換され、デスノートを失い途方に暮れるライト。ニアにも「二代目Lは頼りにならない」と辛辣な言葉を浴びせらてしまう。

だがライトはミサの『死神の目』を使って、メロたちマフィアの居場所を突き止める。そしてデスノートを取り返しすが、なんとこの時の作戦で父親の総一郎が命を落とすことに。

総一郎はこの作戦の為に死神と取引をして死神の目を手に入れていた。そしてメロの顔を見ている総一郎に対し、取り乱した演技をしつつ、デスノートにメロの名前を書くように訴えるライト。

結局名前を書くことなく力尽きた総一郎だったが、ライトは父親の死よりもデスノートにメロの名前を書けなかったことを悔しく思うのだった。

二代目Lがキラだと確信するニア

一方、ニアはライトがキラなのではないかと疑いを強めていた。

そんな中、デスノートを奪取された際にアジトを爆破されたメロがニアが指揮を執るSPK本部に乗り込んでくる。ワイミーズハウス時代の自分の写真をニアから取り返す為だったのだが、写真を返してもらうだけでは癪だからと、「死神がいること」「デスノートには嘘のルールがあること」をニアに教える。

ニアは13日のルールが嘘のルールで、キラはそのルールを利用して自分への疑いを晴らしたんじゃないかと考える。そして捜査本部から仕入れた情報から、キラは捜査本部長の息子=ライトだと確信する。

日本に向かったニアと高田に殺されたメロ

ニアはキラの正体を暴くべく日本に飛び、デスノートを偽物にすり替える作戦を決行する。しかしこの作戦はライトが読んでいて、自分の代わりに裁きを行わせている魅上に偽物のノートで裁きを行うよう指示する。

直接会う約束を取り付けたニアとライトだったが、その直前にメロが高田清美を拉致する。高田はキラとライトの仲介役なので、拉致することで何か動きがあると踏んでのことだったのだろう。

だがこの時にメロはヘルメットを取り高田に顔を晒してしまう。高田清美は事前にライトからメロの似顔絵を見せられていたので拉致した人物がメロだと判った。そして総一郎が目にしたメロの名前も知らされていたので、隠し持っていたデスノートの切れ端にメロの名前を書いて殺害する。

そしてライトは自分の腕時計に隠し持っていたデスノートの切れ端に「高田清美 身の回りの物を全て燃やして死ぬ」と書く。メロも高田もデスノートの切れ端も全て燃えてしまい後には何も残らなかった。

そんなアクシデントがあったものの、ニアは予定通りの日時で会うことを再度ライトに確認。直接対決の時が迫る。

いよいよ直接対決の時

直接対決は横浜の使われていない倉庫の中で行われた。

ライト率いる日本の捜査本部メンバーVSニア率いるSPKメンバーとの対峙の時。魅上の持っているデスノートを偽物にすり替えたと話すニアに対して、「全て知っていた」と勝ちを確信するライト。

そして魅上が現れてその場にいるライト以外の全員の名前をデスノートに書いていく。このノートは魅上が銀行の貸金庫に預けていた本物のノート。ライトとニア以外の全員は恐怖に立ちすくむ。

が、何秒経とうと誰も死なない。そう、ライトや魅上が本物として保管していたこのノートも、ニア達は偽物にすり替えていたのだった。

実はメロが高田を誘拐した際に、高田から足がつく事を危惧した魅上が本物のノートに高田の名前を書き込もうとして貸金庫に取りに行ったのをSPKメンバーのジェバンニが確認して、本物のノートの存在に気付いたのだった。キラに忠実な魅上の性格が仇になってしまった。

そして本物のノートも偽物にすり替えたので、魅上がライト以外の全員の名前を書いても誰も死ななかったのだ。

勝ちを確信していたライトは、魅上がノートに全員の名前を書いた時点で「僕の勝ちだ」とニアに宣言していた。しかし誰も死ななかったことで窮地に陥ったライト。自分がキラであることを認め、キラの必要性を説く。が、誰にも響かず万策尽きたライトはその場から少し離れた場所へ歩き、隠し持っていたデスノートの切れ端にニアの名前を書こうとした。

しかし松田に手を銃で撃たれ、失敗。滴る血でニアの名前を書こうと悪あがきを見せる。そして最後にはリュークにニアの名前をデスノートに書くように命じる。

リュークは素直に従う素振りを見せるが、デスノートに書いたのはニアではなくライトの名前だった。ライトの負けは明白だったので、このままライトといても仕方ないと考えてのことだった。

死を悟ったライトは力なく立ち上がり倉庫を後にする。そしてライトの後を追う捜査本部のメンバー。追っても無駄だとニアに諭されても「あなたの指図は受けない」と、倉庫を出ていく。たとえライトがキラだったとしても、今まで一緒に捜査をしてきた仲間という意識が確かにそこにはあった。

魅上は終わりを悟り、持っていたペンで自分の胸を刺して自殺していた。こうして長い長い一日が終わったのだった。

キラがいない日常の中でミサは行動する

キラがいなくなった世界で、悲し気な表情のミサが電車に乗ってどこかへ向かっている。着いた先はビルの屋上だった。最愛のライトを失った悲しみからミサはもう立ち直れないのだろう…。

れいこ

ここまでがあらすじだよ。がっつりネタバレしちゃった。

それじゃあここからは感想をぶちまけるね!

アニメ版デスノートの感想を熱く語る

さぁ、ここからはややキャラ萌え派な私の感想をぶっちゃけます。

どちらが正義なのか分からないところが面白い

デスノートではキラ(ライト)が悪でLが正義として描かれてると思うんだけど、人によってキラを正義と思う人もいるし、正しい者を裁くLを悪とする人もいる。これが面白いなぁと思うんです。

ちなみに私はライトもLも好きだからどっちが悪いとか言えないんだけど、ライトは自分の意にそぐわない者を葬るようになってしまったので、遠くにいる分には「悪を裁いてくれるキラ最高ー!」って思っちゃうけど、決して近寄りたくはないですね。気に障ることしたら消されそうだし(汗)

天才達の頭脳戦が超カッコいい!

デスノートでは派手なバトルアクションはないけど、天才達の頭脳戦が最高に熱いんです。

特にLがテレビでライトを挑発するところと、FBIの恋人をキラに殺されたナオミがライトに接触したところなんか最高でしたね。あんなワクテカしたのはいつぶりだろう。

ニアとライトが通信して探り合いするのも地味に好きですね。ニアもライトも頭の中では色んなことをすごい勢いで考えて言葉にするんだけど、周りで二人の会話を聞いてる日本捜査本部やSPKの面々が「??」ってなってるのもイイ!天才同士だから会話になってるって感じ。

そしてあんな見るからにヤンキーな格好してるメロが頭良いってのもヤバいですね。ギャップ萌えです。

でもやっぱり一番「うぉぉぉ!!」ってなったのはラストのニアとキラの対峙シーンですね。魅上が倉庫のドアを開ける時の不気味な感じとか、ニアに種明かしされて自分をキラと認めた時のライトの高笑いとか、ラストの一連の流れは何度も何度も見返してしまいました。

最終回について掘りさげた記事はこちら

【アニメ版デスノート】最終回がリピート不可避なのは宮野真守のせい

アニメ版デスノートで最終回をリピートしまくっている私。それは宮野真守のせいです。とにかくあの演技がクセになる。本記事では、最終回の壮大なネタバレをしつつ、宮野真守が全てかっさらったことについて暑苦しく語っています。

続きを見る

とにかく主要キャラ全員天才ってのが、凡人(以下か?)の頭脳しか持ち合わせていない私を「ぬおおぉぉぉー!」「カッコいいぃぃぃ!!」「すっげー!!」と、ワクテカさせてくれたのです。

主要キャラが全員好きな私は勝ち組

そんな天才揃いの主要キャラ達ですが、実は私、全員好きなんです。

  • ライトは正統派イケメンで天才なのにゲスいところが最高だし、マモの声で発狂するところがイイ!
  • Lはボッサボサの野性味溢れる天才でめちゃくちゃ甘党で変人で、時々ワタリに対して偉そうな喋り方するのがイイ!
  • ニアは小さくって白くってとにかく可愛いのに、一番性格悪そうで南ちゃんの声で時々毒吐くのがイイ!
  • メロはいつも二番手でニアに嫉妬してるって設定が母性本能くすぐるし、頭良いくせにあんなヤンキーな格好してていっつも十字架持ってるところがイイ!

と、とにかく主要キャラの誰がメインの回でもめちゃくちゃ楽しめる私って間違いなく勝ち組ですよね。(ドヤッ)

脇役たちも魅力的なデスノート

デスノートは主要キャラも魅力的なのに、脇を固めるキャラ達も魅力的という奇跡の作品です。

ミサミサは可愛いくって見てて飽きないし、松田はピンと張り詰めた空気を緩めてくれる貴重なお間抜けキャラだし、ワタリの用意してくれるスイーツはどれも美味しそうだし、ハルは美人なのに強くってカッコいいし、高田は“利用される女”として妙にリアルで共感できたり、魅上の顔芸はぶっちぎりで笑かしてくれるし、とにかく脇を固めるキャラ達も魅力たっぷりなんです。

私のお気に入りはジェバンニ

そして、そんな魅力的な脇役達の中でも、私が特にお気に入りなのはジェバンニです。

ジェバンニがスポーツジムのロッカーでこっそりと魅上のデスノートに触れた時の「死神がいるかも…」と周りを見渡す時の恐怖してる様子がすごいリアルで「分かるわ~。」って親しみ感じるし、ニアに無茶なことを言われても「上には逆らわない」精神で任務を全うする社畜ぶりを見せつけてくれたり、本物のデスノートと寸分違わない偽物を一晩で作るなんて神業をやってのけたり、とにかくジェバンニは最高です。

アニメだからこそ良かった点

原作も読んだ私ですが、アニメだからこそ一層良かったところがいくつかありました。

  • 死神の目で見た時の名前と寿命が浮かび上がる演出。この不気味に光る文字とか文字の感じが地球上には存在しない感が出ててカッコよかった!
  • 魅上の削除ダンスに躍動感があって良かった。原作ではもっと「静」って感じだったのにあそこまで「動」だったなんて、やっぱりアニメはすごい!
  • Lが食べるスイーツがすっごく美味しそうに描かれててヤバかった。ショートケーキ食べてるシーン見た次の日、近所の不二家に駆け込んだ。
  • ワタリが捜査本部の皆にアイスクリームをコーンに乗せて配るとこの描写の細かさ。普通に器に盛られたアイスだけ出せば良いところをわざわざコーンに乗せるのはアニメならでは。そしてあれはきっと抹茶アイス。

原作もモチロン面白いんだけど、やっぱり色があって動きがあるアニメだと表現の幅が広がりますね。

まとめ

今回はデスノートのあらすじ、感想をラストまでがっつりネタバレしつつ暑苦しく語りました。

デスノートは2003年に原作の連載が始まって、アニメの開始が2006年なのでもう一昔前の作品に分類されると思うんですが、今見ても全く古くさくなくって超面白いです。社会現象になったってのも納得です。

前に勤めてた会社のおじさんが、誰かと口論になって仲直りした後、「さっきはごめんなさい。デスノートには書かないでください」なんて冗談を言ってましたが、そんな冗談が通じるほど皆が知ってるってすごくないですか?

れいこ

また数ヶ月経った頃に見直すんだ。今から楽しみ~。

デスノートを無料で見る方法

デスノートを無料で見るには、U-NEXTの無料トライアルを利用する方法と、TSUTAYA DISCASの無料体験でDVDをレンタルする方法の2つがあります。

U-NEXTについて

U-NEXTは、月額2,189円(税込み)で約210,000もの作品が見放題のVODサービスです。別途課金でレンタルできる作品も約20,000と用意されており、VODで一番の作品数。しかも毎月必ずもらえる1,200円分のポイントは新作のレンタル・電子書籍の購入・映画チケット引き換えなどに使えるので実はお得なんです。

U-NEXTは31日間の無料トライアルを用意していますが、なんとこの無料トライアルに申し込むとすぐに使える600円分のポイントがもらえちゃうんです。無料体験中の解約も簡単なのでまずは気軽に試してみましょう。

\無料トライアル申し込みで600円分のポイントをゲット/

U-NEXTを無料で試してみる

31日間無料で21万もの作品が見放題♪

れいこ

もしU-NEXTで配信が終了していても600円分のポイントでレンタルできるよ。それでも足りなければTSUTAYA DISCASの無料体験を利用しよう。

TSUTAYA DISCASについて

TSUTAYA DISCASは、DVD/CDを好きなだけレンタルできるサービスです。TSUTAYAで扱ってる作品は全てレンタルできるので、VODではあまり取扱いのないディズニーやジブリも見放題なのはテンションが上がります。

ネットから注文したDVD/CDが自宅のポストに投函されて、見終わったら近くの郵便ポストへ入れるだけ。お店へ返却しに行く必要はありません。

今なら動画見放題のTSUTAYA TVがセットになった月額2,659円(税込み)のセットプランが30日間無料で体験できます。無料体験中の解約も簡単なのでまずは気軽に試してみましょう。

\TSUTAYAで取り扱ってる作品が全て借り放題/

TSUTAYA DISCASを無料で試してみる

CD/DVDレンタル&動画見放題が30日間無料♪

れいこ

この週末はおうちでのんびり「デスノート」の世界に浸っちゃおう♪

  • この記事を書いた人

れいこ

40代女性。夫、娘、息子の4人家族。 アニメ視聴歴30年近いミーハーおばさん。 昼間はオタクの顔を隠して普通の事務員を装っている。 ゲームも大好きで最近はSwitchを購入してウキウキ。

-アニメ
-