アニメ

あんスタのアニメを娘に誘われてしぶしぶ見た感想まとめ

2020年6月10日

こんにちは、れいこです。

れいこ

娘に誘われて見始めたあんスタのアニメに、日々癒やされているアラフォー女性だよ。

私は40代のいわゆるオバサン世代ですが、高校生の娘の趣味もわりと理解できちゃう気の若いところがあります。まぁ悪く言えば「精神年齢が低い」ってやつなんですが、娘には「全然良いよ、むしろ嬉しい!」とありがたがられてるので良しとします。

で、最近娘から「あんスタのアニメを一緒に見よう!」とめちゃくちゃしつこく誘われたので、しぶしぶ見てみたんです。40代の私が。高校生男子達のキラキラしたアイドルストーリーを。

そんなわけで今回は、

  • あんスタのアニメをしぶしぶ見た40代女性が抱いた感想まとめ
  • ちゃっかり推しメンも作っちゃったり
  • あんスタの沼にハマった私の行く末

の題材に沿って暑苦しく語りたいと思います。

れいこ

それでは、今日も飛ばしてまいります!

あんスタのアニメをしぶしぶ見た40代女性が抱いた感想まとめ

その前にあんスタを軽くおさらい

「あんさんぶるスターズ!」(略してあんスタ)は、2015年4月28日から開始されたアプリゲームです。一言で表すと「アイドル育成ゲーム」で、

  • イケメンの高校生男子達がたくさん出てくるゲーム
  • ゲームのプレイヤーはプロデューサーとして彼らを育成する
  • アイドルユニットがたくさんあってそれぞれの特色がある

というのが特徴。

ストーリーは以下のとおり。

男子アイドル育成に特化した「私立夢ノ咲学院」。新年度に伴い、新たに「プロデュース科」が設立される。そんな学院の「プロデュース科」第1号、そして初の女子校生として転入してきた主人公は、個性豊かなアイドルたちのプロデュースを通し、青春の日々を送っていく。

「あんさんぶるスターズ!Wikipedia」より引用

もう6年ほど経つけど常にその界隈でトップクラスの人気があり、Twitterでもたびたびトレンドに入ったりしてます。

他にもイケメン達が出てくるゲームはたくさんあるけど、個人的にはあんスタが一番万人受けする絵柄だと思ってます。癖がない感じって言うのかな。

れいこ

あんスタの絵柄は良い意味で男くさくないんだよね。女の子の洋服着せたら美少女になっちゃう感じ。一部のキャラをのぞいて(笑)

だがそこが良い。アイドルにはリアルを求めてないの。汗臭さとか、ひげとか、ワックスべたべたの髪の毛とか、腰パンとか、そいういうの求めてないの。ひたすらキラキラしていれば良いさ。

1年後の世界を描いた「!!」

「あんさんぶるスターズ!」から1年後の世界を描いた「あんさんぶるスターズ!!」もアプリゲームとして配信中です。「!!」はBasicとMusicの2種類あり、Basicは育成メイン、Musicはリズムゲームメインといった感じになっています。気になる人は公式サイトをのぞいてみましょう。イケメンがたくさんで眼福ですよ♪

≫「あんさんぶるスターズ!!」の公式サイトはこちら

しぶしぶ見始めたあんスタのアニメ

元々私はスマホゲームが苦手だったので、娘から「あんスタやってみなよ、本当に面白いから!」と鬼のように勧められても全く手を出さず、時々娘が「ママ、見て!星5手に入れた!」とか強引に見せてくるのを「はいはい。すごいね~。」って眺めてるだけだったんですよ。

だから当然アニメも見る気はなかったんですが、娘が必死に「ママも一緒に見ようよ、絶対ハマるから!」と説得してくるもんだから、しぶしぶ見ることにしたんです。

全24話という長さにブーブー言いながらテレビの前に鎮座するという、めちゃくちゃ嫌な視聴者に成り下がっていた私…。ちなみに小学生の息子は既に娘の洗脳済みであんスタガチ勢になっていたので素直にスタンバってました(笑)

が、アニメ開始わずか数分で、ものの見事にやられました。(早っ!)

正確に言うとオープニングですね。全ユニットが少しずつ出てくるんですが、皆キラキラしてて、全員で歌っている歌と相まってもうなんていうか。・゚・(ノ∀`)・゚・。

「おお、こういうタイプの子いるんだ。」「へ~、可愛い子。」「何このラスボス感(笑)」「え、この子刀持ってるけど、大丈夫なん?」「全員でこんなにいるの?多っ!」「この子の髪型良いね。」とか、ほんの少しのOPムービーだけで超膨大な情報が伝わってくるんですよ。

娘は隣で正座しながらキャーキャー言ってて、推しメンが出てくると失神しそうな勢いで叫びまくってました。その熱意の5%で良いから勉強に向けてくれないだろうか、娘よ…。

まぁそんな感じで掴みはOKな状態だったので、全24話はあっという間に見終わりましたよね(´д`*)エヘ

さてさて、ここからはそんな風に一瞬にしてアラフォーおばさんの心を鷲掴みにした、あんスタのアニメの感想をまとめてみました。

れいこ

私はゲームは未プレイでアニメから入ったクチだから、「は?何言ってるの、このBBA?」とイラっとするところがあるかも知れないけど許してね。(今は時々ゲームも楽しんでるよ)

そしてめちゃくちゃ長文だよ。自分でも「長文キモ…」って思ったよ。

※この記事はあんスタのアニメ全話を見た感想をまとめたもので、1話ずつの感想ではありません。あしからず。

あんずに嫉妬する女子、絶対出てくるだろ

ゲームだとプロデューサーはプレイヤーである自分なんだけど、アニメではガッツリ「あんず」という女の子がプロデューサーとして出てきます。セミロングの栗茶色の髪の毛をしたまぁ普通に可愛い女の子。(中の人は坂本真綾さん)

これ、絶対に嫉妬する女子出てくるだろうな~って心配になりました。(娘曰く、やっぱりあんずは炎上案件だったらしい)

あと、男性も結構ゲームやってるみたいだから、複雑だったりしたのかな~。「俺ってば、女の子だったのかよ。」みたいな。

でもそういうの見越してなのか、あんずはサバサバした感じで、周りの男子たちを異性として意識せずにひたすらプロデューサーとして接してるようなキャラでした。嫉妬する子も出てくるだろうけど、これなら最小限に抑えられるかなって感じ。

主人公ユニットはTrickstar。うん、知ってた。

ゲームでもそうだけど、主人公ユニットはTrickstarです。そしてその中の明星スバルがメインな立ち位置。つーかオレンジ髪の主役率は異常。

まぁ知ってたから良いんだけど、私は主役ってあんまり好きじゃないひねくれた人間なので、主役ユニットゆえにTrickstarの出番が多いのはちょっぴり残念だった。

ぶっちゃけると、Trickstarにはタイプの子がいないんです。みんな「ザ☆普通」で、前向きで良い子ちゃんという、なんというか面白みに欠けるというか…。(ファンの人ごめん…汗)

まぁ眼鏡をはずした真くんはイケメンが過ぎるなとは思うけど、そしてスバルのイケボ(柿原徹也さん)は良いなと思うけど、やっぱりもっと癖のあるキャラが好きなんだよね。許せ。

でも一番「アイドル」を体現している感じのユニットなのは認める。なんつーかキラキラしてるんだよね。悔しいけど。(悔しいんかい)

いきなりステージでバトルとか始まって戸惑う

アイドルを育成するのに特化した学校なのでアレなんだけど、どちらの方がアイドルとして優れているかをステージで競う頻度がパネェ。そして時々「え、これは何をバトってるの?」という描写が出てきて戸惑う。

つーか実際に鬼龍紅郎と大神晃牙は肉弾戦してた。どうやら学院で一番強い男を決めるためのものだったようだけど、アイドル育成学校でそれ必要?((((;゚Д゚))))

そしてステージの観客はどうやら同じ学院の生徒たちみたいだけど、いかにもなモブ揃いでビビった。モブの分際でアイドルと同じクラスで勉強したりしてるのか?どんだけ恵まれてるのか気付けよ、モブ共。

Ra*bitsは新しい属性を生み出す予感

Ra*bitsは可愛い系のユニットだけど、高校生男子の足があんな綺麗なのは2次元だけだよな~。なんてぼんやり考えてた。

絶対Ra*bitsによって新しいファンの属性が生み出されたんじゃないかと推測。私はあんなにも可愛い高校生男子はちょっと敬遠しちゃうけど、娘の友達は好きみたい。好みは人それぞれですな。みんなちがって、みんないい。(byみすゞ)

生徒会の権力すご過ぎて草

あんスタの生徒会の権力がすご過ぎ。というか天祥院英智の権力なのか、とにかく強い。

ステージも生徒会によって出来レース化してたり、Trickstarも英智によって分裂させられそうになるし、とにかく権力がパネェ。

でもあの生徒会室に憧れるのは私だけではないはず…。あそこで優雅に紅茶を飲みたいよ。

親目線で色々心配してしまう

遅くまで残って練習したり、とにかくみんな頑張り過ぎ。あんずなんて女の子だから夜道危ないから早く帰って欲しいのに、すごい夜遅くまで残ってる。しかも次の日も学校あるのに。

ついつい親目線で心配しちゃいます。「寝不足になるからもう切り上げなさいよ。」なんてテレビに向かってつぶやいてました。

あとは「ちゃんと勉強もしてるの?」って心配になった。アイドル育成に特化した学校だからアレだけど、モブたちはちゃんと勉強しないと将来ヤバいぞって思った。

あんず有能過ぎない?

実はあんなキラッキラな衣装も手作りだってことに驚愕した私。しかもまさかの鬼龍紅郎から手ほどきを受けたあんず作。

鬼龍紅郎も、そんななりして裁縫が得意とか。ギャップ萌えにもほどがあんだろ。(ギャップ萌えと言えば守沢千秋もたいがい。あんな熱血しか取り柄ないとか見せかけて頭良いんだよね)

つーか、有能過ぎん?あんず。高校生であんなに色々できる子っている?あんなすごいのに周りの男子たちから恋愛感情抱かれないって、どんだけ~。

過去編の方が好きってなったところ

過去編を見て、色々と複雑な心境になりました。と言うのも、過去編の方が好きってところが多かったから(;'∀')

例えば旧fine。私は断然今のfineよりも旧fineのが好き。みんな身長がそろっててスッキリしてる。英智と日和という推しメンが2人もいるし。つむぎもfineの一員だった時は今よりイケメン度が高かった。眼鏡やめて髪切れ。

あと過去編に出てきた日々樹渉を見てて、「あれ、なんかいつもよりカッコよく見える。」と思ったら髪型が違ってた。過去編の髪型のが好き。乱 凪砂もしかり。リボンで髪の毛を1つに結んでるのすごい良かった。

そして一番「なぜそのままでいてくれなかった…。」と思ったのが朔間 零。髪の毛も今より少し短めで、オラつき具合も最高。英智に対して「お前、もうとっくにこっち側の人間だぜ。」的なこと言ってる時の零は悪っぽいニヒルな輝きを発してたよ。

夏目となずなの髪型が好き

夏目となずなのアシンメトリーな髪型が好き。でも、こないだジョーシン電機でアシンメトリーな髪型にしてる店員さん見て「え…。」ってなったから、三次元ではうかつに真似してはダメ、絶対。

余談だけど夏目は後ろがパッツンだったのにビビった。でも好き。

謎の英智くんゲージ

英智くんゲージが気になり過ぎる。誰のネーミングセンスなんだ。そして「この英智くんゲージが…」って自分で言っちゃう英智にワロタ。それ真顔で言えるのって相当メンタル強いよ。

つか英智くんゲージ、私も欲しい。血圧とか体脂肪とか常に知りたい。(アラフォーあるある)

三毛縞斑は1人売り

ユニットという名目なのに1人の三毛縞斑の人気を心配してしまう私。だって5人いたら人気も5倍だけど、1人だとさぁ、そもそもの母数がさぁ。

でも「みんなのママ」を目指しているという三毛縞斑だから、きっと他のユニットたちと比べて人気がある、ないとかはどうでも良いんだよ。だってママって何よりも子供の幸せを願うものだからね。って思うことで自我を保ってる。そうでないと心配過ぎでどうにかなりそうだから。

お金持ちが多い

とにかくお金持ちキャラが多い。お金持ちのレベルが二次元あるある。学校にリムジンで送迎されちゃう天祥院 英智を筆頭に、朱桜 司、姫宮 桃李、蓮巳 敬人、巴 日和、乱 凪砂などなど、とにかくみんなお金持ち具合がすごい。

あ、月永レオも印税でかなり潤ってそうだな~。羨ましいな~。

誰でも良い。娘を嫁にもらってくれないだろうか。そして私の老後の経済的な不安を消し去って欲しい。

なんか知らんがご執心の相手がいる

あんスタでは、誰かしらご執心の相手がいるキャラが多い印象。

例えば「瀬名 泉⇒遊木 真」「天祥院 英智⇒日々樹 渉」「朔間 凛月⇒衣更 真緒」「姫宮 桃李⇒天祥院 英智」とか。

特に不思議なのが「天祥院 英智⇒日々樹 渉」で、どうして英智はそこまで渉を崇拝してるのか3時間くらい考えたことある。ゲームやれば分かるのかな。

あんスタ界の大人は怖い

明星スバルの父親のことをステージ上で大々的に晒してメンタルえぐってくとか、あんスタ界の大人たちは怖い((((;゚Д゚))))

でも実際の芸能界ってそんな感じなのかなって思ったらやけにリアル。そんなとこだけ急にリアル。

でもそんな大変な目にあっても、最後は復活&返り咲く明星スバルとTrickstarに感涙。面白みがないユニットとか言ってごめんなさい。

最終回で新キャラをチラ見せとか

最後の最後、新キャラの天城 一彩をチラ見せしてくれたことで続編あることを確信した私。(ちなみにアニメを見た段階では一彩のこと知らなかったけど、娘に教えてもらいつつ血眼でググったよ。)

ちなみにこの一彩というキャラはアニメ最終回の時点では、「なんかすごい負けん気が強い俺様って感じのキャラなのかな。」って思ってましたが実際は全然ちがいました。めちゃくちゃ良い子。一人称「僕」だし。

とにかくあんスタのアニメの第二期を予感させる終わり方でまた希望を見いだせた私。うん、大丈夫。まだ頑張れる。

れいこ

最終回を見終わった人あるあるの「明日から何を希望に生きて行けばいいの。」状態にならずに済んだよ。

と、まんまとあんスタの沼にハマってしまった私。お気に入りの回は何度も見てしまう変貌を遂げるのでした。

ちゃっかり推しメンも作っちゃったり

あんスタはとにかく色んなタイプのイケメンが出てきます。好みのタイプが絶対に数人は見付けられるってくらい品揃え豊富です。(言い方)

そして私もちゃっかり推しメンを作ってしまいました。しかも5人も。だって魅力あるキャラが多すぎて1人に決められないんです。一体どうしたら良いの?。゚(゚´Д`゚)゚。

推しメン①天祥院 英智

学園の権力者的存在の英智。見た目の儚さと病弱って設定がヤバい。初登場時のラスボス感もすごかったです。

で、そんななのに「死にたくない、死にたくない…」って泣いちゃうわけですよ。そしてその泣いてるところを憧れの渉に見られてたと思ったら「何の用?」って、急につんとしちゃう可愛さもあるんですよ。

それにしてもこの時の英智の「死にたくない」ってシーンはガチで鼻の奥がつーんとしました。ちょっと英智が咳き込んでるシーンでも眉間にシワを寄せてハラハラしていた私。ええ、キモイです。

あんスタ天祥院英智がどんな病気なのか気になって夜しか眠れん

あんスタ天祥院英智って、一体どんな病気やねん?誰もが一度は抱く疑問に切り込みました。結論:『天祥院英智は病気ではない』に至った理由も本気で語っていますので、英智が推しメンの人はぜひ読んでみてください。今日から安心して眠れるようになりますよ。

続きを見る

推しメン②青葉 つむぎ

つむぎは今は見た目あんなだけど、旧fine時代の時はちゃんとイケメンでした。

今のつむぎしか知らなかった時は「何こいつ、髪の毛うざ!なんでこんなイケメンじゃないキャラ出してくんの!?」とか文句言いまくってたんですが、娘に「つむぎはすごく良い子なんだよ」と諫められてて、その意味がアニメの10~11話を見てやっと分かりました。つむぎは天使通り超して神です。

で、日和の親族が営むレストランでがっつり注文してたつむぎを見て「いっぱい食べる君が好き♪」となりました。

推しメン③逆先 夏目

夏目ってちょっと女の子に対して慣れてる感を出してきますよね。「子猫ちゃん」とか「僕と付き合ってくれる」とか、絶対狙ってるよね、って台詞を吐きます。

だけどまんまと運営側の手の平で転がされてしまい、私も夏目スキーになりました。あと髪型も好きですね。後ろの毛がパッツンなのがまた良きです。

白衣みたいなの着て魔法の研究みたいなのしてたり、良いよね。魔方陣のペンダントも好きです。リアルにいたらただの中二病だけど2次元だからセーフ。

あんスタの逆先夏目ほど白衣が似合う男子高生、おる?

あんスタの逆先夏目くんの白衣姿が好きな私。そして特徴的な口調もクセになってる私。ちょっと残念なのはアニメだと夏目くんの台詞のフォントまで見えないこと。そんなちょっとマニアックな夏目くんへの思いを書き殴っています。同志よ集え!

続きを見る

推しメン④巴 日和

娘の推しなので日和の登場する回を何度も見せられて、気付いたら推しキャラになってました。

色が白くて貴族っぽいフワフワの髪の毛。背が高くて他校の制服で目新しいルックスってのも良いんですよね。それに加えてあの性格(笑)

英智に対して「まだ生きてたんだね~」とか、ジュンに対してプリプリ怒ってたりするのがツボでした。良い性格してるわ~(;´∀`)

あんスタ巴日和マジ良い性格してる【声優さんも神】

あんスタの巴日和が好きな人向け。本記事では、とにかく巴日和が貴族かわいいこと、性格が最高なこと、声優さんが神なことについて感情のままに書きなぐっています。良キャラを生産してくれてありがとう、あんスタ!

続きを見る

推しメン⑤七種 茨

声優の逢坂良太さんが好きなので、自然と好きになりました。あのキビキビした態度と逢坂良太さんの滑舌の良い台詞が抜群にマッチしてますね。

あの決めぜりふ「突撃!侵略!制覇!」があんなに似合うキャラは茨だけでしょう。プリンが好きっていうのがギャップ萌えだし、心の中では一人称が『俺』なのも個人的にツボです。

と、推しメンも作りあんスタを謳歌している私です。実は今はゲームアプリに手を出して更に推しキャラが増えてしまったんですが、それはまた別の機会に。

あんスタの沼にハマった私の行く末

こんな感じであんスタにどっぷりハマった私なのですが、こうなったらもう行くところまで行ってやろうと思います。

アニメはいつでも見れるように全巻Blu-rayを購入、ドリームライブっていうキャラ達がリアルの世界に飛び出してきたみたく歌って踊るライブのBlu-rayも購入しちゃいました。観客の盛り上がりがすごくって私と娘もテレビの前でキャーキャー言って参戦してます。えへへ(*´д`*)

れいこ

我が家はBlu-rayを買ったけど、アニメとドリームライブを無料で見れる方法を記事の最後で紹介してるよ。

まぁ娘としては良いスポンサーを手に入れたわけで、私は娘の陰謀にまんまとハメられたわけです。だけど今日も2人で「あんスタって素晴らしいコンテンツだね~(´艸`*)」って言い合ってて平和なので良しとします。

まとめ

今回はあんスタのアニメの感想をアラフォーのオバサン目線で存分に語りました。

この年にして新しい楽しみが増えるとは思ってもいませんでしたよ。夫にはキモイと言われてますが、娘と息子と3人でアニメ鑑賞に励んでおります。

あんスタのアニメはゲームのメインストーリーを軸に作られているみたいで、ゲームユーザー達にとっては既に周知のストーリーみたいですが、やっぱりアニメだと全てのシーンに動きとボイスがあるので全然違うみたいです(娘談)

れいこ

早く第二期やらないかな~、って今からワクテカが止まらないよ!

あんスタを無料で見る方法

あんスタを無料で見るには、U-NEXTの無料トライアルを利用する方法と、TSUTAYA DISCASの無料体験でDVDをレンタルする方法の2つがあります。

U-NEXTについて

U-NEXTは、月額2,189円(税込み)で約210,000もの作品が見放題のVODサービスです。別途課金でレンタルできる作品も約20,000と用意されており、VODで一番の作品数。しかも毎月必ずもらえる1,200円分のポイントは新作のレンタル・電子書籍の購入・映画チケット引き換えなどに使えるので実はお得なんです。

U-NEXTは31日間の無料トライアルを用意していますが、なんとこの無料トライアルに申し込むとすぐに使える600円分のポイントがもらえちゃうんです。無料体験中の解約も簡単なのでまずは気軽に試してみましょう。

\無料トライアル申し込みで600円分のポイントをゲット/

U-NEXTを無料で試してみる

31日間無料で21万もの作品が見放題♪

れいこ

もしU-NEXTで配信が終了していても600円分のポイントでレンタルできるよ。それでも足りなければTSUTAYA DISCASの無料体験を利用しよう。

TSUTAYA DISCASについて

TSUTAYA DISCASは、DVD/CDを好きなだけレンタルできるサービスです。TSUTAYAで扱ってる作品は全てレンタルできるので、VODではあまり取扱いのないディズニーやジブリも見放題なのはテンションが上がります。

ネットから注文したDVD/CDが自宅のポストに投函されて、見終わったら近くの郵便ポストへ入れるだけ。お店へ返却しに行く必要はありません。

今なら動画見放題のTSUTAYA TVがセットになった月額2,659円(税込み)のセットプランが30日間無料で体験できます。無料体験中の解約も簡単なのでまずは気軽に試してみましょう。

\TSUTAYAで取り扱ってる作品が全て借り放題/

TSUTAYA DISCASを無料で試してみる

CD/DVDレンタル&動画見放題が30日間無料♪

れいこ

この週末はおうちでのんびり「あんスタ」の世界に浸っちゃおう♪

  • この記事を書いた人

れいこ

40代女性。夫、娘、息子の4人家族。 アニメ視聴歴30年近いミーハーおばさん。 昼間はオタクの顔を隠して普通の事務員を装っている。 ゲームも大好きで最近はSwitchを購入してウキウキ。

-アニメ
-