アニマルホラー

巨大生物がマジ怖い!映画「キングコング:髑髏島の巨神」の簡単なあらすじと感想をちょっぴりネタバレありで紹介(無料視聴する方法も)

2022年5月2日

こんにちは、ホラー映画が大好きなアラフォー女性のれいこです。

この記事では、南太平洋の髑髏島で巨大な生物に襲われる恐怖を描いた映画「キングコング:髑髏島の巨神」について、簡単なあらすじと感想をお届けします。ちょっぴりネタバレありです。

無料視聴する方法も紹介するので、興味がある人はぜひ参考にしてください。

れいこ

次々と巨大生物が現れる様子はワクテカ不可避!

映画「キングコング:髑髏島の巨神」の作品情報

  • 公開年:2017年
  • 製作国:アメリカ
  • 上映時間:118分
  • 監督:ジョーダン・ヴォート=ロバーツ
  • 脚本:マックス・ボレンスタイン

映画「キングコング:髑髏島の巨神」の主な登場人物(キャスト)


ジェームズ・コンラッド(トム・ヒドルストン)

元イギリスSAS大尉。現在はフリーの傭兵だがサバイバル能力を買われアドバイザーとして雇われる。


メイソン・ウィーバー(ブリー・ラーソン)

戦場カメラマンの女性。スクープを狙い髑髏島への調査に同行する。コングが温厚な性格をしていることに気が付いてコング抹殺を阻止しようとする。


ウィリアム・“ビル”・ランダ(ジョン・グッドマン)

地質学者で髑髏島に巨大な生物がいることを確信し、調査チームを編成。しかし調査の目的はあくまで「地質調査」ということにしていた。


プレストン・パッカード大佐(サミュエル・L・ジャクソン)

ヘリコプター部隊の指揮官。数々の激戦をくぐり抜けてきた。コングを火攻めにしようとするがコンラッドたちに止められる。


アール・コール大尉(シェー・ウィガム)

ヘリコプター部隊の隊員。コングに襲撃されても飄々とした態度を貫く。パッカードに忠実。


映画「キングコング:髑髏島の巨神」に出てくる巨大生物たち

個性たっぷりの巨大生物たちをざっくりと紹介します。大きいって怖い。


コング

体長31.6メートルの大型類人猿でまだ成長すると見られている。基本的には温厚な性格。

「キングコング:髑髏島の巨神」公式サイト

スカル・クローラー

体長3.65~28.95メートルの爬虫類。髑髏島で最もどう猛で厄介な存在。コングに匹敵する大きさの個体もいる。

「キングコング:髑髏島の巨神」公式サイト

バンブー・スパイダー

体長5~7メートルのクモで竹林に生息している。足を竹に擬態させて獲物を頭上から狙う。

「キングコング:髑髏島の巨神」公式サイト

スケル・バッファロー

体長13メートルの水牛。水の中で数日間生きてられる。おとなしい性格をしている。

「キングコング:髑髏島の巨神」公式サイト

リバー・デビル

体長27メートルの頭足類で入江に生息している。イカとタコを合体させたような見た目をしている。


サイコ・バルチャー

翼長2~3メートルの翼竜でくちばしの部分はノコギリザメのように尖っている。血液は青い色。


スポア・マンティス

全長15メートルの昆虫で大きなナナフシのような見た目をしている。レッドウッドの倒木に擬態する。


映画「キングコング:髑髏島の巨神」の簡単なあらすじ

1973年、地質調査として南太平洋の髑髏島へやってきた隊員たち。

地下空間の地質を調査するという名目でヘリコプターから爆弾を投下すると、あたりは炎に包まれる。

するとコングが現れ、次々とヘリコプターを撃破。目の前で部下が殺される様子を目の当たりにしたパッカード大佐はコングを抹殺しようと決意するのだった。

コングによってバラバラになった生き残りたちは合流地点を目指すが、次々と巨大生物たちに遭遇する。

そんな中、原住民が暮らす集落にたどりついたコンラッドたち。ここには28年前の太平洋戦争中にこの島へ不時着した兵士・マーロウが暮らしていた。

実はコングはスカル・クローラーという猛獣から原住民を守ってくれる神のような存在だとマーロウは話すのだった。

しかし復讐心にとりつかれたパッカード大佐はコングを抹殺するために無茶な攻撃を仕掛け…。

れいこ

巨大な生物を見てるだけでワクテカが止まらん!楽しすぎて続けて3回も見ちゃったよ(笑)

映画「キングコング:髑髏島の巨神」を無料で視聴する方法

「キングコング:髑髏島の巨神」を無料で視聴するには、動画配信サービスや宅配レンタルのお試し期間を使う方法がおすすめです。

お試し期間が2週間~31日間と長く設けられてるところが殆どなので、その間はたくさんの映画が見放題で楽しめます。

れいこ

お試し期間中に解約すれば完全に無料だから気軽にやってみよう。

「キングコング:髑髏島の巨神」の配信状況は以下のとおりです。(2022年5月時点)

サービス配信状況無料期間
月額料金(税込)

31日間
2,189円

詳細を見る

2週間
1,026円

詳細を見る

30日間
500円

詳細を見る

無料期間なし
990円1,980円

詳細を見る

31日間
550円

詳細を見る

TSUTAYA DISCAS

30日間
2,052円

詳細を見る

この中で最もおすすめなのはU-NEXTです。

U-NEXTは月額2,189円(税込み)で約21万本もの作品が見放題。別途レンタルできる作品も約2万本と国内最大級です。

最大の魅力は毎月1200円分のポイントが必ずもらえるところ。ポイントは最新作のレンタル・電子書籍の購入・映画チケット引き換えなどに使えるので実質989円。実はめちゃくちゃお得なんです。

U-NEXTは初回31日間無料で使えます。申し込みするだけで600円分のポイントがもらえるので気軽に試してみましょう。

\21万本以上が見放題!/

U-NEXTの無料お試しで「キングコング:髑髏島の巨神」を見る

解約はいつでも自由

れいこ

サクッと申し込みを終わらせて、どこから現れるか分からない巨大生物に震えよう!

関連記事U-NEXT利用歴3年の私が感じた15のメリットと4のデメリット【実はお得だった】

関連記事【所要時間3分】U-NEXTの無料トライアルのやり方を画像で分かりやすく解説

映画「キングコング:髑髏島の巨神」の感想

ここからは「キングコング:髑髏島の巨神」の感想です。ちょっぴりネタバレ含みます。

コングはやっぱり良いヤツ

あのいかつい見た目に反してコングはやっぱり良いヤツでした(笑)

原住民から神のように崇められるコング。そりゃ悪の権化みたいなスカル・クローラーから守ってくれる存在なら崇め奉るよね。

でもぶっちゃけ近くにいたら私は気絶します。カメラマンの女の人、よく触れたな((((;゚Д゚))))

巨大生物好きは絶対楽しめる

次から次に出てくる巨大生物たち。ぶっちゃけストーリーを追わなくっても巨大生物を見てるだけで楽しい。

しかもクオリティがめっちゃ高かった!リバー・デビルのぬめってる感じとか、スポア・マンティスのかさついた感じとかが画面越しに伝わってきました。

巨大生物好きさんは絶対楽しめるはずです!

巨体同士のバトルは大迫力!

コングとリバー・デビルのバトルはヤバかったです。迫力あり過ぎ。何度巻き戻したことか。

結局リバー・デビルが負けてコングのエサになっちゃうんだけど、食べてる時のコングを見たらタコが食べたくなっちゃいました(笑)

トム・ヒドルストンがカッコいい!

主役のコンラッドを演じるトム・ヒドルストンが渋くてカッコいいです。胸筋すごいし足長いし、何なのこの人。

マーベルシリーズのロン毛も似合ってたけど短髪も(・∀・)イイ!!

あの状況なら逃げるべきやろ!

いきなり自分の島にやってきた人間が爆弾投下したら怒るのが普通。なのに自分たちの行動を棚に上げてコングに攻撃しようとするのはさすがに愚かすぎだなって思いました。

もうね、ヘリコプターで攻撃しようとしたシーンではさすがに声が出ましたね。「そこは逃げる一択やろぉぉぉ!!下手に攻撃してんじゃねぇぇぇ!!(゚Д゚#)」って。

コール大尉の飄々とした感じ、好き

チームがバラバラになって普通なら途方に暮れるところなんだけど、コール大尉は我関せずって感じに缶詰を食べ始めるんです。この飄々とした感じがすっごい好き。そんでもって缶詰の食べ方も好き。

手榴弾で相討ちも許されないとか

そんなコール大尉が仲間を助けるため、自らの命を犠牲にして手榴弾でスカル・クローラーを爆死させようとしたシーンは切なかったです。

もうちょい!ってところで尻尾で遠くに吹っ飛ばされるコール大尉。こんなのあんまりだよ!。。゚(゚´Д`゚)゚。

何なの?スカル・クローラーって頭が良いの?だとしたら超怖いんだけど。

28年も帰れないとか気が狂うよ

28年も原住民と暮らしていたマーロウが気の毒すぎる。でも殺されずに優しく迎えられたのは不幸中の幸いだったのかな。

でも28年も家族と会えないってツラすぎるよ。気が狂う自信ある。

パッカード大佐に最初はイラついてた私

パッカード大佐に最初はイラついてたんです。「部下の仇を取るために生き残った連中を危険に晒すなんてあり得ん!」って。

でも見返すうちに、それだけ部下を大切にしてた良い人なのでは?って思うようになりました。

家族みたいに思ってた部下が目の前でやられたら冷静でいられない気持ちは理解できる(;Д;)


れいこ

以上が「キングコング:髑髏島の巨神」の感想だよ。巨大生物好きさんは絶対に見るべし。

まとめ:「キングコング:髑髏島の巨神」は巨大生物好きをワクテカさせる映画

今回は、「キングコング:髑髏島の巨神」の簡単なあらすじと感想を、ちょっぴりネタバレありでお伝えしました。

「キングコング:髑髏島の巨神」では、コングを筆頭にたくさんの巨大生物が出てきます。

巨大生物の前になす術がない絶望を疑似体験したい人は、ぜひ自分の目で見てみましょう!

れいこ

大きいってそれだけで怖い。

\21万本以上が見放題!/

U-NEXTの無料お試しで「キングコング:髑髏島の巨神」を見る

解約はいつでも自由

おすすめ記事巨大ザメ怖ぇ!映画「MEG ザ・モンスター」ネタバレありの感想【無料で視聴する方法も】

おすすめ記事ありえない展開にワロタw「新アリゲーター 新種襲来」ネタバレあらすじ&感想【無料で視聴する方法も】

▼定額見放題のサービスをじっくり比較したい人はこちら

-アニマルホラー