VOD

【家族で共有したい人向け】おすすめのVOD5社を色んな角度から比較してみた 

こんにちは、れいこです。

家族みんなで共有するのにおすすめのVODはどこ?

VODってたくさんありすぎて迷うから、人気どころだけで色々比較して決めたいな。

家族に視聴履歴やお気に入りが知られるのは恥ずかしいから、プライバシーがしっかり守れるところを教えて~。

教えてワンコ

今回はこのような声にお答えします( `・ω・´)ノ

この記事に書かれていること

  • 【家族で共有したい人向け】おすすめのVOD5社を色んな角度から比較してみた
  • 【お得なのはどこ?】料金、作品数、無料トライアルでVODを比較
  • 【機能面はどう?】画質、ダウンロード機能、同時視聴台数でVODを比較
  • 【どんなジャンルに強い?】コンテンツの内容でVODを比較
  • 家族で共有するのにおすすめのVODを勝手にランク付け
れいこ

この記事を書いてる私はVOD歴5年以上。今までに色んなVODを利用してきたよ。

このブログでアニメや映画の感想を書いてるけど、ぜんぶVODで見た作品だよ。

今回は私が実際に利用した、人気どころでおすすめのVOD5社を徹底的に比較します。

実際に使ってみて感じた「良いところ」や「悪いところ」も全てお伝えするので、家族みんなで安心して利用できるVODを探しているなら、ぜひ参考にしてくださいね(*´∀`*)

【家族で共有したい人向け】おすすめのVOD5社を色んな角度から比較してみた

VODは人気どころの5社に厳選。迷わず比較に専念しよう

今ってたくさんのVODサービスがあるので「どこを選べば良いの?」と迷っちゃいますよね。

なので、ここで比較するVODは私が実際に利用した下記の5社に絞りました。

  • Amazonプライム・ビデオ
  • dTV
  • U-NEXT
  • Netflix
  • Hulu

この5社は常に人気上位の有名どころなので、どこを選んでもハズレはありません。そして5社に絞ったことで、それぞれをしっかりと比較できます。

家族みんなが安心して利用できる大満足のVODを見つけましょう!

【お得なのはどこ?】料金、作品数、無料トライアルでVODを比較

ここでは、VODごとに基本的なサービス内容を比較してみました。

 
VOD 月額料金(税込み) 追加料金 作品数 無料トライアル
Amazonプライム・ビデオ
  • 一般:500円
    (年間契約だと4,900円)
  • 学生:250円
    (年間契約だと2,450円)
あり:一部有料作品はレンタル/購入 見放題:約10,000作品
レンタル/購入:約50,000作品
※非公開のため独自調べ
30日間
dTV 550円 あり:一部有料作品はレンタル 見放題/レンタル:約120,000作品 31日間
Netflix
  • ベーシック:880円
  • スタンダード:1,320円
  • プレミアム:1,980円
なし:完全見放題 見放題:約7,000作品
※非公開のため独自調べ
なし
Hulu 1,026円 なし:完全見放題 見放題:約70,000作品 2週間
U-NEXT 2,189円 あり:一部有料作品はレンタル/購入 見放題:約180,000作品
レンタル/購入:約20,000作品
31日間

実際に利用する上で一番気になるのは料金と作品数ですよね。そして利用する前に無料で試せるのかどうかも重要なポイントです。

れいこ

月額料金だけで完全見放題なのは嬉しいよね。

だけど、レンタル制度がある方が嬉しいって人もいるんだよ。

レンタル制度のメリットを簡単に説明するね。

レンタル制度ありのメリット

一般的に、作品が劇場公開されてからDVDやBlu-rayで販売されるようになるのは、半年ほど後になります。

レンタルサービスの店頭に作品が並ぶのと、VODでレンタルとして提供される時期も大体同じくらいの時期です。

そしてレンタル制度がないVODの場合、見放題作品として追加されるまでには更に半年~1年ほどかかります。

※最近ではDVDやBlu-rayで販売されるより先にVODで配信されるケースが増えています。ネット社会なので今後さらに早くなる可能性もありますね。

簡単にまとめると、下記のとおり。

  • レンタル制度あり:新作配信は劇場公開から半年ほど経ってから。
  • レンタル制度なし:新作配信は劇場公開から1~2年ほど経ってから。

新作をいち早くVODで楽しみたいという人は、レンタル制度のあるサービスの方が絶対おすすめです。

【機能面はどう?】画質、ダウンロード機能、同時視聴台数でVODを比較

ここでは、VODごとに標準機能を比較してみました。

VOD
画質 ダウンロード機能 同時視聴台数
Amazonプライム・ビデオ SD/HD/フルHD/4K あり 3
dTV SD/HD/4K あり 0
Netflix ベーシック SD あり 0
スタンダード HD あり 2
プレミアム 4K あり 4
Hulu SD/ハーフHD/HD/フルHD あり 3
※2台がダウンロード再生の場合
U-NEXT SD/HD/フルHD/4K あり 4

きれいな画質で楽しめるのか、動画をダウンロードしてオフラインでも視聴できるのか、そして家族で楽しむために必須項目の同時視聴台数もチェックしましょう。

れいこ

画質でSDとかHDとか、一体どのくらいの綺麗さなの?って感じだよね。

分かりやすいようにまとめてみたから参考にしてね。

画質について

SD画質:解像度720×480

DVDと同じくらいの画質です。スマホのような小さい画面なら画質の粗さは全く気にならないです。

HD画質:解像度1,280×720

DVDよりも綺麗で、Blu-rayよりも少し劣るくらいの画質です。テレビなどの大画面でも画質の粗さは気にならないです。

フルHD:解像度1920×1080

Blu-rayと同じくらいの画質です。大画面でも充分に楽しめます。

4K画質:解像度4,096×2160 or 3,840×2,160

Blu-rayの4倍の解像度で、とにかくキメ細かく、超高精細な画質です。大画面でも臨場感たっぷり、くっきりと美しい映像が楽しめます。

【どんなジャンルに強い?】コンテンツの内容でVODを比較

ここでは、VODごとにコンテンツの内容を比較してみました。

VOD コンテンツの内容
Amazonプライム・ビデオ
  • オリジナルドラマ、バラエティが豊富
  • 海外ドラマの独占配信がある
  • 洋画に比べて邦画は少ない傾向
  • テレビドラマはアメリカ、日本、韓国の作品が多い
  • ドキュメンタリーやキッズ、ファミリー向け作品が豊富
dTV
  • シリーズものの洋画のラインナップが豊富
  • オリジナルドラマ、バラエティの評判が良い
  • 韓国ドラマの配信数が多い
  • 音楽ジャンルが豊富
  • 2.5次元舞台、演劇、落語、漫談という珍しいジャンルも扱っている
  • カラオケ、フィットネス、ムービーコミックも楽しめる
Netflix
  • ハイクオリティのオリジナル作品が豊富(制作費100億円の作品も)
  • 海外映画がとにかく豊富
  • 国内アニメは少なめ
  • バラエティや音楽番組は少なめ
  • 最近ではフジテレビ系のドラマも数多く配信
Hulu
  • 新作の邦画が多い
  • 日テレ系ドラマの見逃し配信があり、放送中のドラマを1話から見られる
  • 海外ドラマのリアルタイム配信がある
  • アニメやバラエティが豊富
  • 全てのジャンルのおいて作品数が安定している
U-NEXT
  • 洋画、邦画、海外ドラマ、国内ドラマ、アニメといった鉄板ジャンルが豊富
  • 韓国ドラマ、バラエティ番組が多い
  • 海外ドラマのロングセラー作品が充実している
  • NHKの朝ドラや大河ドラマ 、民放テレビ局のドラマが豊富
  • オリジナル作品はない

好きなジャンルがあるかどうか、コンテンツの傾向はどんな感じか、しっかり見極めましょう。

家族で共有するのにおすすめのVODを勝手にランク付け

れいこ

比較した内容を踏まえて、家族で共有するのにおすすめのVODを勝手にランク付けしてみたよ。

しっかりプライバシーが守れて、家族みんなで楽しく利用できるのはどこかな?

いきなり1位からの発表だよ。

第1位【U-NEXT】

家族向けおすすめ度

U-NEXT
月額料金
(税込み)
2,189円
追加料金

あり:一部有料作品はレンタル/購入

無料トライアル 31日間
作品数 見放題:約180,000作品
レンタル:約20,000作品
コンテンツ内容
  • 洋画、邦画、海外ドラマ、国内ドラマ、アニメといった鉄板ジャンルが豊富
  • 韓国ドラマ、バラエティ番組が多い
  • 海外ドラマのロングセラー作品が充実している
  • NHKの朝ドラや大河ドラマ 、民放テレビ局のドラマが豊富
  • オリジナル作品はない
同時視聴台数 4
共有について アカウント登録数:1
追加アカウント数:3
画質 SD/HD/フルHD/4K
対応デバイス テレビ/スマートフォン/タブレット/パソコン/ゲーム機/ブルーレイレコーダー/ホームシアターシステム/プロジェクター/セットトップボックス/ドングル端末
お支払い方法 クレジットカード/ドコモ払い/auかんたん決済/ソフトバンクまとめて支払い/ワイモバイルまとめて支払い/楽天ペイ/Amazon.co.jp/Apple ID/ギフトコード/U-NEXTカード
公式サイト U-NEXT

U-NEXTの良いところ

①子アカウントを3つまで追加できる

U-NEXTは、契約アカウント(親アカウント)の他に、子アカウントを3つまで追加できます。

視聴履歴やマイリストはアカウントごとに管理できるので、家族間でもプライバシーはしっかり守られます。

②親アカウントが子アカウントの購入制限などを設定できる

親アカウントは子アカウントに対して購入制限やペアレンタルロック(R18+以上のR指定作品が表示されないようにする)を設定することができるので安心です。

③4人で同時に視聴できる

U-NEXTは、4人同時にログインして同時に視聴できます。(同じ作品は同時視聴不可)

④レンタル/購入作品が共有できる

一部有料作品をレンタル/購入した場合は子アカウントでも共有できます。これ、結構うれしいんです。

⑤とにかく作品数が多い

とにかく作品数が多いのがU-NEXTの特徴です。洋画、邦画、海外ドラマ、国内ドラマ、アニメといった一般的に人気の高いジャンルが見事に網羅されています。

⑥毎月1200ポイントがもらえる

毎月1200ポイントが自動的に付与されます。これこそがU-NEXTの最大の魅力です。

1ポイント=1円として使えるので、毎月1200円がもらえてるってことですよね。つまりサービス料金は実質989円ってことで、これってめちゃくちゃお得ですよね!?

ポイントの使い道は下記のとおり。

  • 一部有料作品のレンタル/購入
  • 電子書籍の購入
  • 映画引換クーポンの発行や映画チケットの購入
  • NHKオンデマンドが見放題になる「NHKまるごと見放題パック」の購入

我が家は毎月ポイントで新作を2~3つほど視聴しています。これが最高に贅沢な気分にさせてくれるんですよ~( ´艸`)

U-NEXTの悪いところ

①月額料金が他のVODと比べて高め

U-NEXTは、他のVODより月額料金が高めに設定されています。毎月2,189円がかかるのは人によっては痛いかもです。

でも毎月もらえる1200ポイントで新作をレンタルできたり、ポイントを貯めて映画観賞に使えたりするので、むしろお得だと思っています。

②オリジナル作品がない

U-NEXTではオリジナル作品が1つもありません。オリジナル作品を視聴したい人はNetflixやHuluがおすすめです。

③たくさん視聴しないと元が取れない

毎月コンスタントに作品を楽しむ時間が取れない人にはおすすめできません。

U-NEXTのメリットは国内最大級の作品数と毎月必ずもらえるポイントです。なので存分に楽しむ時間が取れないと「U-NEXTってなんか高いな・・・。」と不満を感じてしまうと思います。

まずは無料トライアルでU-NEXTを試してみよう

U-NEXTは、31日間の無料トライアルがあります。しかも無料トライアルなのに600ポイントがもらえちゃうんです。子アカウントの追加機能も使えるので、気になる人はぜひ試してみましょう。

≫U-NEXTの無料トライアルはこちら

第2位【Hulu】

家族向けおすすめ度

Hulu
月額料金
(税込み)
1,026円
追加料金 なし:完全見放題
無料トライアル 2週間
作品数 見放題:約70,000作品
コンテンツ内容
  • 新作の邦画が多い
  • 日テレ系ドラマの見逃し配信があり、放送中のドラマを1話から見られる
  • 海外ドラマのリアルタイム配信がある
  • アニメやバラエティが豊富
  • 全てのジャンルのおいて作品数が安定している
同時視聴台数 3
※2台がダウンロード再生の場合
共有について アカウント登録数:1
プロフィール登録数:6
画質 SD/ハーフHD/HD/フルHD
対応デバイス テレビ/スマートフォン/タブレット/パソコン/ゲーム機/ブルーレイレコーダー/ブルーレイプレーヤー/メディアプレーヤー
お支払い方法 クレジットカード/ドコモ払い/auかんたん決済/ソフトバンクまとめて支払い/ワイモバイルまとめて支払い/LINE Pay/PayPal/iTunes Store決済/Amazonアプリ内決済/Yahoo!ウォレット/Huluチケット/mineoオプションサービス/BB.exciteオプションサービス/ケーブルテレビ決済/eoオプションサービス
公式サイト Hulu

Huluの良いところ

①6人までプロフィール登録ができる

Huluは、1つのアカウントで6つまでプロフィールを登録できます。プロフィールごとに暗証番号を設定することもできるので、自分のお気に入りや視聴履歴を他の人に見られる心配もありません。

②キッズプロフィールで子供にも安心

 12歳未満が対象の『Kidsプロフィール』が設定できます。子供向けの作品だけを表示してくれるので安心です。

③デバイスの台数に制限がない

Huluは、視聴できるデバイスの台数に制限はありません。アカウントでログインすればどのデバイスでも視聴できます。

④作品のリクエストができる

Huluで配信されていない作品や、配信が終了してしまった作品を「配信して欲しい」とリクエストできます。Twitter経由でのリクエストなので気軽にリクエストできますよ。このサービスがめちゃくちゃありがたいんです!

⑤作品の入れ替わりが活発

Huluで配信されている作品は、比較的入れ替わりが活発に行われます。「あ!これ見たかったやつだ!」と、常に新鮮な気持ちで楽しめます。

⑥FOXのチャンネルの放送がリアルタイムで楽しめる

Huluでは、2015年11月からFOXチャンネルの放送がリアルタイムで視聴できるようになりました。通常FOXチャンネルは『スカパー!』や『ケーブルテレビ』に加入しないと視聴できないのですが、Huluで追加料金なしで好きなだけ楽しめちゃうんです。

Huluの悪いところ

①複数デバイスで同時視聴するためにはダウンロードが必要

Huluでは、ストリーミング再生で視聴できるデバイスは1台までと決められています。他のデバイスで同時に視聴するためには動画をダウンロードする必要があります。

ただし、Huluの規約で「ダウンロードできるデバイスは2台まで」と決められているため、ストリーミング再生1台、ダウンロード再生2台の合計3台までが、同時視聴できる上限になります。

②新作映画の配信は遅め

Huluは新作映画の配信が遅い印象があります。新作映画がたくさん見たい人は、レンタル制度があるU-NEXTやAmazonプライム・ビデオがおすすめです。

③配信の案内が不親切

Huluの配信案内は少し不親切です。視聴しようと思っていた作品が突然終了間近になっていたり、とにかくこまめにチェックしないと「あの作品見ようと思ってたのになくなってる!」ってことが起こります。まぁ逆に考えると、それだけ新しい作品に入れ替わってるということなんですけどね。

まずは無料トライアルでHuluを試してみよう

Huluは、2週間の無料トライアルがあります。有料会員と同じ機能が全て使えるので、気になる人はぜひ試してみましょう。

≫Huluの無料トライアルはこちら

第3位【Amazonプライム・ビデオ】

家族向けおすすめ度

Amazonプライム・ビデオ
月額料金
(税込み)
  • 一般:500円
    (年間契約だと4,900円)
  • 学生:250円
    (年間契約だと2,450円)
追加料金 あり:一部有料作品はレンタル/購入
無料トライアル 30日間
作品数 見放題:約10,000作品
レンタル/購入:約50,000作品
※非公開のため独自調べ
コンテンツ内容
  • オリジナルドラマ、バラエティが豊富
  • 海外ドラマの独占配信がある
  • 洋画に比べて邦画は少ない傾向
  • テレビドラマはアメリカ、日本、韓国の作品が多い
  • ドキュメンタリーやキッズ、ファミリー向け作品が豊富
同時視聴台数 3
共有について アカウント登録数:1
プロフィール登録数:6
画質 SD/HD/フルHD/4K
対応デバイス テレビ/スマートフォン/タブレット/パソコン/ゲーム機/Amazonデバイス/ブルーレイプレーヤー/セットトップボックス/メディアプレーヤー
お支払い方法

クレジットカード/ドコモ払い/auかんたん決済/Amazonギフト券/決済アプリ『Paidy』/パートナーポイントプログラム(プライム会費をJCBで支払っている人に限り『Oki Dokiポイント』が利用できる)

公式サイト Amazonプライム・ビデオ

Amazonプライム・ビデオの良いところ

①家族みんなで共有できるようになった

『Prime Videoプロフィール』機能が新しく追加され、1つのアカウントでプロフィールを最大6人まで登録できるようになったAmazonプライム・ビデオ。

ウォッチリストや視聴履歴もプロフィールごとに管理できるので、プライバシーがしっかり守られます。

②小さなお子さんがいても安心

12歳以下を対象にした作品のみ表示される『子ども用プロフィール』が作れます。

『子ども用プロフィール』ではビデオの購入ができないようになっているので、小さなお子さんがいるご家庭でも安心して利用できます。

③PINの設定で細かく視聴制限ができる

Amazonプライム・ビデオでは、PINを設定して購入制限をかけたり、6歳、12歳、15歳、18歳と、細かく視聴制限を設定できます。

④デバイスの台数に制限なし

Amazonプライム・ビデオは視聴できるデバイスの台数に制限はありません。視聴したいデバイスでアプリにログインすれば、自動的に使用デバイスとして登録されます。

⑤ダウンロード再生なら制限なしで同時視聴できる

デバイスの台数に制限はないですが、同時に視聴できるのは3台までです。(同じ作品は同時視聴不可)

でも、ダウンロード再生なら何台でも同時視聴できるので、見たい作品はダウンロードしておくと良いですね。

⑥カスタマーレビューとおすすめ機能が便利

Amazonプライム・ビデオは、作品を実際に見た人が『カスタマーレビュー』に投稿できる仕組みになっているので、作品の感想や評価を視聴する前に確認できます。あまりに評価が悪い作品だったら「やっぱりこれ見るのやーめた。」で次を探しましょう。

おすすめ機能とは、「この作品を見た人はこんな作品も見ています」ってやつです。自分と同じ作品を見た人、いわば好みが似ている人が他にどんな作品を見ているかが分かるので、次に見る作品を決める指標になりますよ。

⑦特典がものすごくてコスパ最強

Amazonプライム・ビデオは、Amazonプライム会員の特典の1つです。他にも下記のとおり特典がたくさんあるんですが、とにかくものすごいです。

  • Amazonプライム・ビデオで映画、アニメ、ドラマが見放題
  • Amazon musicプライムで200万曲以上が聴き放題
  • Amazon readingプライムで、対象の書籍が読み放題
  • Amazonから配送される商品であればお急ぎ便や時間指定配送が無料
  • Amazon Photosで容量無制限で写真を保存できる

これだけ特典がついて月額500円。やばくないですか?

Amazonプライム・ビデオの悪いところ

①見放題の作品がそんなに多くない

Amazonプライム・ビデオで見放題の作品数は約10,000作品と、実はそんなに多くないんです。

Amazonプライム・ビデオは動画配信を専門にしているサービスではなく、あくまでAmazonプライム会員の特典の1つなので、これはまぁ仕方ないですね。

でもまぁ月額500円でこれだけ揃えてるのは、かなり頑張ってますよね。

②再生前に広告が入る

Amazonプライム・ビデオの作品を再生しようとすると、必ず最初に広告が流れます。これが地味にウザいです。「もう良いっちゅーねん!!」って何度突っ込んだことか。

③アプリの機能が弱い

アプリから作品を検索したい場合、細かいジャンルで検索ができません。「外国映画、日本映画、アニメ映画、キッズ/ファミリー映画、ドキュメンタリー映画」の5つのみ。ブラウザから検索するともっと多岐にわたるジャンルから選択できるんですけどね。

そしてアプリからは作品をレンタルすることができません。面倒ですが、インターネットブラウザから「Amazonプライム・ビデオ」にログインしてレンタルに進む必要があります。

「もっと便利に使えるように!」がアプリの本質のはずなのに、なぜか機能が弱くなっています。

④字幕がちょっと物足りない

Amazonプライム・ビデオの字幕は少し物足りないところがあります。どんな感じかというと下記のとおり。

  • 海外作品⇒日本語字幕がつく
  • 海外作品⇒英語字幕はつかない
  • 国内作品⇒日本語字幕はつかない

まぁ通常であれば海外作品に日本語字幕がつけばOKなんですが、「語学の勉強のために字幕が欲しい」とか「音声ボリュームを絞って字幕で見たい」という希望は叶えてくれません。私も「子供たちに英語を教えられるかも!」と意気込んでガッカリしたクチです。

まずは無料トライアルでAmazonプライム・ビデオ試してみよう

Amazonプライム・ビデオは30日間の無料トライアルがあります。なんとこの無料トライアル期間中は、Amazonプライム会員の特典が全て受けられるんです。太っ腹すぎですよね。気になる人はぜひ試してみましょう。

≫Amazonプライム・ビデオの無料トライアルはこちら

第4位【Netflix】

家族向けおすすめ度

Netflix
月額料金
(税込み)
  • ベーシック:880円
  • スタンダード:1,320円
  • プレミアム:1,980円
追加料金 なし:完全見放題
無料トライアル なし
作品数 見放題:約7,000作品
※非公開のため独自調べ
コンテンツ内容
  • ハイクオリティのオリジナル作品が豊富(制作費100億円の作品も)
  • 海外映画がとにかく豊富
  • 国内アニメは少なめ
  • バラエティや音楽番組は少なめ
  • 最近ではフジテレビ系のドラマも数多く配信
同時視聴台数
  • ベーシック:0
  • スタンダード:2
  • プレミアム:4
共有について アカウント登録数:1
プロフィール登録数:5
画質
  • ベーシック:SD
  • スタンダード:HD
  • プレミアム:4K
対応デバイス テレビ/スマートフォン/タブレット/パソコン/ゲーム機/ブルーレイプレーヤー/セットトップボックス
お支払い方法 クレジットカード/デビットカード/バーチャルカード/プリペイドカード/Netflixプリペイド・ギフトカード/サードパーティ請求(日本ケーブルテレビ事業者、J:Com、Softbankの請求と合わせて支払いができる)
公式サイト Netflix

Netflixの良いところ

①プロフィールが5つ作れる

Netflixは1つのアカウントで最大5つのプロフィールを作ることができます。もちろんプロフィールごとにマイリストや視聴履歴を管理できるので、家族間でもプライバシーはしっかり守られます。

②それぞれのプロフィールで細かい設定ができる

Netflixではプロフィールごとに細かい設定ができます。

視聴制限は年齢制限レベルを未就学児、小学生、中高生、成人の4つから設定できる他、レコメンド機能(後で説明しています)や、視聴した作品の評価や好みから、個別の「おすすめ」を設定できて、それぞれのプロフィールがどっぷり本人の色に染まります。

③レコメンド機能でどっぷりハマれる

レコメンド機能とは、ユーザーの好みを細かく分析して「あなたにはこちらの作品もおすすめですよ」と色んな作品を薦めてきてくれる機能です。この機能が本当にすごいんです。

Netflixユーザーが視聴する作品の実に80%が、このレコメンド機能でおすすめされた作品というデータもあるんです。優秀なAIが、自分でも気がつかない細かい好みまで分析しているので、本当に「え、これ私が好きそうって何で分かるの?」って感じの作品をおすすめしてきてくれます。

次から次へと自分が好きそうな作品をおすすめしてくるので、気がついたらNetflixだけで1日終わってたってこともあります。中毒性がすごい!

④オープニングやタイトルムービーを飛ばしてくれる『タイトルスキップ機能』が地味に嬉しい

オープニングとかって、時々煩わしく感じますよね。毎回同じオープニングが流れる連続ドラマとかシリーズもののアニメとかだと特に。

⑤複数の言語が選べる

Netflixは全世界で利用されているVODなので、多数の言語音声に対応しています。

メジャーな作品であれば、「日本語、英語、フランス語、ドイツ語、韓国語、中国語」に対応していたりと、とにかく豊富。

「Netflixで映画を楽しみながら語学を学ぶ!」って人にもぴったりですよ。

Netflixの悪いところ

①日本の作品は少ない

Netflixはアメリカ発のサービスなので、日本の作品が少ないです。海外ドラマや洋画など、どちらかと言うと大人が好む感じの作品が多い印象です。小さなお子さんがいるお家だと物足りなく感じるかも。

②無料トライアルがない

Netflixでは無料トライアルがありません。いきなり契約です。なのでどんな感じか試してから決めたいって人にはおすすめできません。そして契約しないと配信中の作品がチェックできないのも残念なポイントです。

ちなみに以前は無料トライアルをやっていたんです。でも自社のサービスに自信を持っているからなのか撤廃されてしまいました。

③プレミアムプランの割高感がすごい

プレミアムプランの画質は4Kとなっていますが、全ての作品が4K対応というわけではないので「せっかくプレミアムプランにしたけど4Kの作品があまりなくって何だか損した気分だなぁ・・・。」ってことも。

HDでも充分に綺麗なので、画質に強いこだわりがなければ1,320円のベーシックプランがおすすめですよ。

Netflixの公式サイトをチェックしてみよう

残念ながらNetflixでは無料トライアルをやっていませんが、少しでも興味があれば、まずは一番安いベーシックプラン(880円)を試してみると良いかもしれませんね。

解約は簡単なので、気になる人は公式サイトをチェックしてみましょう。そこで何かを感じたなら試してみるのが吉!です。

Netflixの公式サイトはこちら

第5位【dTV】

家族向けおすすめ度

dTV
月額料金
(税込み)
550円
追加料金

あり:一部有料作品はレンタル

無料トライアル 31日間
作品数 見放題/レンタル:約120,000作品
コンテンツ内容
  • シリーズものの洋画のラインナップが豊富
  • オリジナルドラマ、バラエティの評判が良い
  • 韓国ドラマの配信数が多い
  • 音楽ジャンルが豊富
  • 2.5次元舞台、演劇、落語、漫談という珍しいジャンルも扱っている
  • カラオケ、フィットネス、ムービーコミックも楽しめる
同時視聴台数 0
共有について アカウント登録数:1
デバイス登録数:5
画質 SD/HD/4K
対応デバイス テレビ/スマートフォン/タブレット/パソコン/レコーダー/セットトップボックス/ストリーミングデバイス
お支払い方法 クレジットカード/ドコモケータイ払い
※レンタル料金はdポイント/ドコモポイントでも支払える
公式サイト dTV

dTVの良いところ

①色んなジャンルがあって飽きさせない

アニメ、キッズ、国内ドラマ、海外ドラマ、洋画、邦画といった一般的なジャンルの他に、音楽、カラオケ、ニュース、シアター、ショートショート、ムービーコミックといった珍しいジャンルも揃っています。とにかく飽きさせない。

②マンガも読める

電子書籍という形ではなく、あくまで1話ずつ動画にしてあるものを見るという形です。なので自分のペースでは読めないですが、それでも嬉しいです!

③新作の配信が早い

新作の配信が早いと定評のあるU-NEXTと並ぶくらい、dTVも新作の配信が早い印象があります。

④とにかくコスパが良い

ドコモ独自のポイントサービスである『dポイント』が100円利用で1ポイント貯まります。ポイントはローソンやマクドナルド、Joshinなど、色々な店舗で利用できます。

dTVの悪いところ

①5つのデバイスが登録できるが視聴履歴がダダ漏れになる

dTVは、1つのアカウントで5台までデバイス登録ができます。デバイスを分ければ家族での共有も可能です。ただ1つ残念なのは、「視聴履歴まで共有できてしまう」こと。

dTVはどのデバイスの視聴履歴も、全てアカウントに紐付いているので視聴履歴が家族にダダ漏れになってしまいます。

もし視聴履歴を他の家族に見られたくない場合は、履歴をその都度削除するしかありません。ちなみに削除は「マイリスト」>「すべての視聴履歴を見る」から簡単にできますよ。

②同時視聴ができない

デバイス登録は5台までできるのですが、同時視聴はできません。

誰かが別の場所で視聴していたら他の人は視聴することができないので、ちょっと不便ですね。

③見放題の作品数が実はそんなに多くない

dTVは作品数120,000作品以上と謳っていますが、見放題の作品数は実はそんなに多くありません。

結構レンタル作品もあって、「お!これ見よう~っと♪」と目星を付けたものの、その作品に「¥」マークがあった時のガッカリ感といったら・・・。

まぁでも、月額料金が550円と破格なので仕方なしです。

④支払い方法が少ない

dTVの支払い方法は少ないです。ドコモユーザーであればキャリア決済ができますが、その他の人はクレジットカード払い一択です。

まずは無料トライアルでdTVを試してみよう

dTVはとにかくジャンルが豊富です。マンガを動画で見るのもなかなか楽しいですよ。気になる人はぜひ試してみましょう。

≫dTVの無料トライアルはこちら

家族みんなでVODを楽しむのに一番大事なのは「好みの作品があるかどうか」

こうして比較してみると、どのVODも魅力的に感じると思います。

だけど、VODを選ぶ際に一番大事なのはやっぱり「自分や家族の好みの作品があるかどうか」です。

「安いから」「評判が良いから」と焦って決めずに、一度公式サイトや無料トライアルでじっくり吟味してみましょう。

幸いにも無料体験のあるところがほとんどなので、まずは気軽な気持ちで試してみましょう。きっと家族みんなで楽しめるVODが見つかるはずです!

れいこ

それでは素敵なVODライフを!

-VOD
-

© 2021 おうち最高!