アニマルホラー

ミヤがキュート!映画「ディープ・ブルー3」ネタバレあらすじ&感想【無料で視聴する方法も】

2021年10月25日

こんにちは、ホラー映画が大好きなアラフォー女性のれいこです。

今回は、映画「ディープ・ブルー3」のネタバレありのあらすじと感想を紹介していきます。

作中キャラで光っていたのはミヤ。とにかくキュートなんです。時々日本語で話す内容も最高でした。

無料で視聴する方法も紹介するので、ぜひ自分の目でも確かめてみてくださいね。ネタバレを知った上で見ると理解が深まってより楽しめますよ。

れいこ

それでは、今日も飛ばしてまいります!

映画「ディープ・ブルー3」の作品情報

「ディープ・ブルー3」の概要

  • タイトル:ディープ・ブルー3(Deep Blue Sea 3)
  • ジャンル:ホラー/パニック/アクション
  • 製作国:アメリカ
  • 製作年:2020年
  • 上映時間:100分
  • 監督:ジョン・ポーグ
  • 脚本:ダーク・ブラックマン

「ディープ・ブルー3」のキャスト

  • エマ:タニア・レイモンド
  • ショー:エマーソン・ブルックス
  • ミヤ:蒼れいな
  • スピン:アレックス・バット
  • リチャード:ナサニエル・ブゾリック
  • ルーカス:ブレン・フォスター

映画「ディープ・ブルー3」を無料で視聴する方法

「ディープ・ブルー3」を無料で視聴するには、動画配信サービスや宅配レンタルのお試し期間を使う方法がおすすめです。

お試し期間が2週間~31日間と長く設けられてるところが殆どなので、その間はたくさんの映画が見放題で楽しめます。

れいこ

お試し期間中に解約すれば完全に無料だから気軽にやってみよう。

「ディープ・ブルー3」の配信状況は以下のとおりです。(2022年4月時点)

サービス配信状況無料期間
月額料金(税込)

31日間
2,189円

詳細を見る

2週間
1,026円

詳細を見る

30日間
500円

詳細を見る

無料期間なし
990円1,980円

詳細を見る

31日間
550円

詳細を見る

TSUTAYA DISCAS

30日間
2,052円

詳細を見る

この中で最もおすすめなのはU-NEXTです。

U-NEXTは月額2,189円(税込み)で約21万本もの作品が見放題。別途レンタルできる作品も約2万本と国内最大級です。

最大の魅力は毎月1200円分のポイントが必ずもらえるところ。ポイントは最新作のレンタル・電子書籍の購入・映画チケット引き換えなどに使えるので実質989円。実はめちゃくちゃお得なんです。

U-NEXTは初回31日間無料で使えます。申し込みするだけで600円分のポイントがもらえるので気軽に試してみましょう。

\21万本以上が見放題!/

U-NEXTの無料お試しで「ディープ・ブルー3」を見る

解約はいつでも自由

れいこ

サクッと申し込みを終わらせてサメの恐怖とミヤのキュートさを堪能しよう!

関連記事U-NEXT利用歴3年の私が感じた15のメリットと4のデメリット【実はお得だった】

関連記事【所要時間3分】U-NEXTの無料トライアルのやり方を画像で分かりやすく解説

映画「ディープ・ブルー3」のネタバレあらすじ

※以下、めちゃくちゃネタバレしてるのでご注意ください。

舞台はたった2人しか住んでいない人口の漁村「リトル・ハッピー」

モザンビーク海峡に作られた「リトル・ハッピー」は人工の漁村。かつては800人の住民がいたが、海面上昇の影響で今はバハリとナンディーという夫婦しか住んでいない。

海洋学者のエマはこのリトル・ハッピーに滞在し、数名のメンバーと共に海洋生物の調査をしている。ソナーと人工知能を使って得て調査した内容を解析し、「トリトン」というデータベースを構築していた。

メンバーはエマ、エマの父親の部下だった黒人男性のショー、MIT卒の若い男性スピン、博士課程の推薦状が欲しくて研究を手伝っている日本人大学生のミヤの4人。

ある日エマはショート一緒に海に潜りブログにアップするための紹介動画を撮る。ブログで寄付金を募っているようだ。

その時1匹のサメが2人に近付く。このサメはサリーと言う名でエマ達が追跡しているホホジロザメだ。武器を構えるショーを制して大丈夫と言うエマだったが、サリーに鼻先で押されて岩へ激突し、擦り傷を負ってしまう。しかし島に上がったエマは全く気にしていない。

オオメジロザメを探しているというエマの元カレが登場

リトル・ハッピーに船が着く。乗っていたのはエマと共に大学でサメについて学んでいた元カレのリチャード。仲間のルーカスや他のダイバー達も連れている。

リチャードはオオメジロザメが川で6人襲った可能性があり、そのオオメジロザメを探すために「トリトン」でのデータを確認させて欲しいと言う。しかしデータをチェックしてもオオメジロザメの姿は1週間前に捉えたきりで何も分からなかった。

リチャードはエマに船内を案内する。船内には死んだサメの脳があった。昨日死んだベラというサメの脳だそうだ。リチャードはある製薬会社のために研究をしていて、この脳から何か分かるかも知れないから取り出したんだと話す。

エマは研究材料にされてしまうオオメジロザメのことを思うと捕獲するのに乗り気ではなかったが、放っておくと他の魚が食べられて生態系が崩れてしまうので悩んでいた。

リチャードは他のダイバー達と共にオオメジロザメを探すため海に潜る。エマも別で海に潜るとホホジロザメが2匹死んでいるのを見つける。唖然としているエマにリチャードが近づき声を掛ける。

オオメジロザメの捕獲に協力することにしたエマ達

しかしそこへ「オオメジロザメがそちらへ近づいているから逃げて!」とモニターを監視していたミヤから連絡が入る。リチャードも仲間へ伝えるが、仲間の1人は下半身を食いちぎられて死んでいた。

人間が殺されたことで調査に協力すると言い出したエマをショーは心配する。するとリチャードとルーカスが研究室に入ってきて、アザラシの血を撒いてオオメジロザメをおびき寄せるからここのシステムを使わせて欲しいと言ってきた。エマは了承する。

リチャードとルーカスは麻酔銃と爆発談を持っていた。爆弾を使うと村が沈んでしまうと心配するエマだったが、狙いは絶対に外さないと言われて何も言い返せない。

リチャード達が再び海に潜ると、アザラシの血のおかげでオオメジロザメが近づいてきた。麻酔銃を撃つがよけられて噛みつかれるリチャード。しかしエマが島から打ち込んだ麻酔銃が命中する。エマは海に飛び込んでリチャードをサメの口から剥がして手当てをする。これでサメは1匹捕獲された。

その頃、バハリは漁に出ていたがサメに襲われてしまう。誰も乗っていない船の網にはバハリの手が絡まっていた。妻のナンディーは嘆き悲しみ、エマ達もショックを受ける。

リチャード達がサメを追う本当の理由を知ったエマは激怒する

エマはサメに執着するリチャード達の行動を怪しんでいて、こっそりとスピンにサメの発信機の情報をハッキングさせていた。するとサメ達は川へなど行っていないことが分かった。サメ達が逃げ出したのは海洋施設「アケイロス」という場所だった。

エマに問い詰められたリチャードは、アケイロスは沈んだが研究を断念したわけではないこと。アケイロスで行われていた遺伝子操作によって知能を高められたベラが子供を産んだこと。逃げたベラと子供3匹を捕まえることが自分達の任務であることを話す。

兄弟を取り戻しにきた2匹のサメが船に体当たりしてきたが、リチャードが武器を構えるのを見て逃げていく。エマは攻撃されると理解したのだと驚く。

さらにリチャードは、ベラの脳波を利用した発信機を作っていて、子供はその発信機の周波に反応すること。昨日も発信機を使っておびき寄せたことを話す。そしてこれを人間にも応用できれば世界は変わると熱弁し始めるリチャード。我慢できずにエマはリチャードを殴る。

リチャードを裏切りサメを殺そうと目論むルーカス

ルーカスはこの時のリチャードとエマの会話を聞き、「発信機のことなんて知らなかった!」とリチャードから発信機を奪う。

そして仕事を早く片付けたいルーカスは、この発信機を利用してサメをおびき寄せて殺してしまおうと目論む。

海に潜るルーカスとダイバー達の行動をドローンで探ろうと話すショーとスピン。何か爆弾を取り付けているのを見てショーがエマに知らせる。爆弾はこの村も沈んでしまうほどの威力がある。エマはリチャードに話を聞きに行こうとするが、ルーカスが金のために口封じをしようと島に銃を放つ。

スピンとミヤがいる部屋が海水に沈み、そこへサメが近づく。

止められないルーカスの凶行

爆弾を外しに行こうとするエマをルーカスが妨害しようとする。それを見たリチャードはエマを助けに行こうと船から飛び降りるが、その瞬間サメに食べられてしまう。

スピンとミヤは海に沈みかけた部屋から逃げられず怯えていた。スピンはもう最後かも知れないとミヤに愛の告白をする。キスで応えるミヤだったが、次の瞬間スピンは下からジャンプしてきたサメに食べられてしまう。

ショーはルーカス達に妨害されながらもスピン達を助けに向かうが、崩れた研究室から血まみれのサメが泳いで出てくるのを見てスピン達は食べられてしまったんだと落胆する。

爆弾を外そうとするエマをルーカスの仲間が妨害する。しかしホホジロザメのサーシャがエマを助けてくれた。その直後オオメジロザメが襲ってきたが、外した爆弾を見せるとオオメジロザメは逃げ出した。爆弾の脅威を理解しているのだ。

ついにルーカスを倒したエマだったがこれで終われない

エマはこっそりとルーカスの船に爆弾を取り付けた。それを知らないルーカスは船の上で起爆装置を押す。爆破された船と共にルーカスは沈んでいく。そこにはサメが寄ってきていた。

エマはサメをこのままにしておくと繁殖して大変なことになるからベラの発信機でおびき寄せて始末しようと話す。ドローンに発信機をつけて岸におびき寄せて殺すという計画だ。

途中まではうまく行っていたが、ドローンが網に引っ掛かって動かなくなってしまう。ショーはそれを外しに行くと海に飛び込む。絡まったドローンは外せたもののサメに囲まれてしまったショーは、持っていた爆発弾で2匹のサメを退治した。

サメと共に死んでしまったショーを目の当たりにして嘆き悲しむエマ。しかしそんなエマにナイフを持って襲い掛かってくる人物がいた。なんとルーカスは生きていたのだ。しかしナンディーの助けもあり、エマはルーカスのナイフで返り討ちにした。

サメを殺すために奮闘するエマ。結局生き残ったのは…

そしてエマは近くにあるゴミ圧縮装置に目を付けた。海に飛び込みサメをおびき寄せて装置の中へ入る。そして自分は抜けだしてスイッチを押してサメを圧縮して殺した。

船で島から出るエマとナンディー。ホホジロザメのサーシャがお別れの挨拶にきてくれた。

途中で島の居住区にあったタンスを見つけたエマ。中を開けてみるとなんとミヤが飛び出してきた。無事でいてくれたことに喜ぶエマ達。結局生き残ったのは女性3人のみ。これからのことを船の上で語り合うのだった。

れいこ

ここまでがあらすじだよ。結末までがっつりネタバレしちゃった。

それじゃあここからは感想をぶちまけるね!

映画「ディープ・ブルー3」の感想

「ディープ・ブルー3」は、最初の2作品のように“海水に沈みそうな研究施設から脱出する”という要素はありませんでした。でもその代わり村ごと海に浮かんでいたので掴みは良かったです。

でもまさか島がサメじゃなくって人間の手によって物理的に沈められるとは思いませんでした。だってこれサメ映画やぞ?

今回は「サメvs人間」より「人間vs人間」って感じで、シリーズの中でもアクションシーンが多めでした。

私はサメ映画にアクションは求めてないので、

人間と戦うならサメと戦えやぁぁぁぁ!!(# ゚Д゚)

と思っていましたが。

いや、本当に掴みは良かったのよ…。海に浮かぶ村で一体これからどんな事が起こるの!?ってワクテカしてたんです。

それでもって前作で出てきたベラの子供を捕獲するって言うもんだから、「お!今回は本格的に続編って感じじゃん!(゚∀゚)キタコレ!!」状態だったんですよ。なのに…。ルーカスのせいでぶち壊しです。リチャードの仲間ポジで大人しくしてれば良かったものを。

まぁ発信機のことを内緒にしてたリチャードも大概ですけどね。

リチャードがベラの脳波を利用した発信機の説明をする時に少しデュラントっぽくなってたので、「お?こいつが今作のデュラント枠なのか?」と期待したけど笑っちゃうくらいあっさり死んじゃったし。いや、揶揄ではなく本当に笑いました。だって「ルーカスはやべぇからエマ側に付こう!」って改心して、ピンチのエマを助けようと船から飛び降りた瞬間サメに食べられちゃうんだもん。

お、おまwこれから漢見せてくれるんじゃかったんかーいwww

そうツッコミを入れたのは私だけじゃないはず。

リチャードはエマに未練タラタラだったのかな。エマはそんな事なさそうだったけど。つーかショーもエマが好きだったのかしら。リチャードがエマに近付くのをなんとか阻止しようとするのを見て、上司の娘だから守ろうとしてる以上の何かを感じた。

でもエマってぶっちゃけ美人と思えないんですよね…。前の2作品の主人公が美人だったからどうしても比べちゃう。ディープ・ブルー3の紹介とかレビューとか見ると美人扱いされてるのがちょっとモヤる。いや、画像とか見ても普通に美人っぽい。単に私の好みじゃないだけ…?

ミヤは文句なく可愛い。最初出てきた時から表情がくるっくる変わってとにかくキュートなんです。ミヤを演じたのは蒼れいなさんって東京都出身のタレントなんだけど、今は台湾を拠点に活動してるようです。そんでもって一卵性の双子なんだとか。こんな可愛い人が2人もいたらヤバいですよ。

作中イチ笑ったのは、リチャードとルーカスに子供っぽいと言われたミヤが今までの可愛らしい態度を一変させて「やかましい、このくそハゲ野郎。」と毒づくシーンです。日本語だからリチャード達は何を言ってるか分からなくて「?」ってなってるのも最高でした(笑)

確かにミヤは小さいし服装も子供っぽいんだけど、でも仕事はきっちりやるし危険を知らせる時の声色から頭の良さが伺える。つまり何が言いたいのかっつーと、ミヤはキュートで賢くって最高ってこと。エマじゃなくてミヤを主人公にしやがれ。

スピンはミヤと両想いだったのにサメに食べられちゃって可哀想です…。でも死んだと思ってたミヤが生きてた時は本当に

ヒャッホ━━━(゚∀゚)━━━━!!

と大喜びしました。怖くてずっとタンスに隠れてたってのを後で反芻すると「え、皆が必死に戦ってる時に助けようとしなかったんか…?」って思ったのは気のせい。うん、ミヤは生きていてくれれば良いんだよ。いや、私だって同じように隠れるだろうし、ね。

まぁ何だかんだ言ってもサメに食われる描写はいくつか見せてくれたし、最後はサメがゴミ圧縮装置で死ぬと言う斬新なもの見せてくれたし、要所要所ではしっかりサメ映画してました。特に最初サメが現れた時にこちらに向かってくるダイバーが生きてるように見せかけて実は下半身食われてたって演出は良かったですね。

私が期待していた “海水に沈みそうな研究施設から脱出する” という要素がなかったからガッカリしてしまっただけで、普通に見る分には良質なサメ映画だったんじゃないでしょうか。

みんなの評価レビュー映画「ディープ・ブルー3」に対するみんなの評価・レビュー【思ったより良作だったらしい】

映画「ディープ・ブルー3」は子供と見ても大丈夫?

ディープ・ブルー3は年齢制限なしです。グロいシーンもないので小学3~4年くらいからなら見ても大丈夫かなと。ちなみに「ディープ・ブルー2」はピラニアに食べられた後の死体がグロかったので小学校高学年くらいからをおすすめしてます。

お色気シーンもないので安心ですよ。2ではミスティがやたら胸を強調してたけど、エマはそんな事ありません。元カレのリチャードが出てくるけど唐突なキスシーンとかないので安心してください(笑)

映画「ディープ・ブルー3」が好きならこの映画もおすすめ!

可愛い女の子が出てくるサメ映画「シャーク・ナイト」はなかなか良かったです。サメも怖いんだけど、サメに襲われる“とある事情”も怖かった。

ストーリー的にも良く出来ていたし、サメ映画好きの大好きなシチュエーションも盛り込まれてます。

まとめ:「ディープ・ブルー3」はミヤによって魅力が増したサメ映画

今回は、映画「ディープ・ブルー3」のネタバレありのあらすじと感想をぶちまけました。

シリーズ最新作だけあって映像は超キレイでした。アクションシーンは個人的にはいらなかったけど、ちゃんとサメに食われる人も5人くらいはいるから良しとします。

私が物足りなさを感じたのは前2作品に共通していた “海水に沈みそうな研究施設から脱出する”要素がなかったからであって、そこを期待しなければそこそこ楽しめるはずです。

何よりミヤが超キュート。むしろミヤのためだけに見ても満足できます。

めちゃくちゃネタバレしたけど、内容を分かった上で見るとそれはそれで楽しいので、ぜひ自分の目で見てみてくださいね!

\21万本以上が見放題!/

U-NEXTの無料お試しで「ディープ・ブルー3」を見る

解約はいつでも自由

▼定額見放題のサービスをじっくり比較したい人はこちら

-アニマルホラー