アニマルホラー

ミスティ胸出しすぎ!映画「ディープ・ブルー2」ネタバレあらすじ&感想【無料で視聴する方法も】

2021年10月23日

こんにちは、子供の頃からホラー映画が大好きなアラフォー女性のれいこです。

この記事では、映画「ディープ・ブルー2」のあらすじと感想を盛大にネタバレしながら紹介していきます。

伝説のサメ映画「ディープ・ブルー」の19年ぶりの続編なので期待より不安の方が大きかったんですが、いらぬ心配でした。

無料で視聴する方法も紹介するので、ぜひ自分の目でも確かめてみてくださいね。ネタバレを知った上で見ると理解が深まってより楽しめますよ。

れいこ

見どころは主人公ミスティがやたらと胸を強調してくるところ(笑)

あとはアーロンのしぶとさかな。ああいうキャラは大好きだよ。

映画「ディープ・ブルー2」の作品情報

「ディープ・ブルー2」の概要

  • タイトル:ディープ・ブルー2(Deep Blue Sea2)
  • ジャンル:ホラー/パニック/アクション
  • 製作国:アメリカ
  • 製作年:2018年
  • 上映時間:94分
  • 監督:ダリン・スコット
  • 脚本:ハンス・ロディオノフ/エリック・パターソン/ジェシカ・スコット

「ディープ・ブルー2」のキャスト

  • ミスティ:ダニエル・サヴレ
  • トレント:ロブ・メイズ
  • ディラント:マイケル・ビーチ
  • アーロン:ネイサン・リン
  • ダニエル:ジェレミー・ボアド
  • レズリー:キム・シスター

映画「ディープ・ブルー2」を無料で視聴する方法

「ディープ・ブルー2」を無料で視聴するには、動画配信サービスや宅配レンタルのお試し期間を使う方法がおすすめです。

お試し期間が2週間~31日間と長く設けられてるところが殆どなので、その間はたくさんの映画が見放題で楽しめます。

れいこ

お試し期間中に解約すれば完全に無料だから気軽にやってみよう。

「ディープ・ブルー2」の配信状況は以下のとおりです。(2022年4月時点)

サービス配信状況無料期間
月額料金(税込)

31日間
2,189円

詳細を見る

2週間
1,026円

詳細を見る

30日間
500円

詳細を見る

無料期間なし
990円1,980円

詳細を見る

31日間
550円

詳細を見る

TSUTAYA DISCAS

30日間
2,052円

詳細を見る

この中で最もおすすめなのはU-NEXTです。

U-NEXTは月額2,189円(税込み)で約21万本もの作品が見放題。別途レンタルできる作品も約2万本と国内最大級です。

最大の魅力は毎月1200円分のポイントが必ずもらえるところ。ポイントは最新作のレンタル・電子書籍の購入・映画チケット引き換えなどに使えるので実質989円。実はめちゃくちゃお得なんです。

U-NEXTは初回31日間無料で使えます。申し込みするだけで600円分のポイントがもらえるので気軽に試してみましょう。

\21万本以上が見放題!/

U-NEXTの無料お試しで「ディープ・ブルー2」を見る

解約はいつでも自由

れいこ

サクッと申し込みを終わらせて、子ザメに食われる恐怖を疑似体験しよう!

関連記事U-NEXT利用歴3年の私が感じた15のメリットと4のデメリット【実はお得だった】

関連記事【所要時間3分】U-NEXTの無料トライアルのやり方を画像で分かりやすく解説

映画「ディープ・ブルー2」のネタバレあらすじ

※以下、めちゃくちゃネタバレしてるのでご注意ください。

新薬の研究のため海洋施設に連れて来られたミスティたち

船からサメを釣ってヒレを切り取っている男たちが複数のサメに襲われた。ボートでその船に1人の男が近づきブザーを鳴らすと、サメは踵を返して隊列を組んで男の後を付いてくる。この男はトレント。海洋施設アケイロスのメンバーだ。このサメはどうやら施設の柵の下から脱走したようだ。

女性博士のミスティは、サメの保護活動をしながらサメの生態について発信している。この日はサメの講義後にデュラント製薬の秘書が声を掛けてきた。保護活動の資金を援助する代わりに製薬会社の社長であるカール・デュラントが行っている研究メンバーに加わって欲しいと言うのだ。ミスティは資金援助を受けるため、どんな研究なのか知らされないまま引き受けることに。

そしてミスティは海に浮かぶ海洋施設のアケイロスへ連れて来られた。同じようにスカウトされた神経学者で新婚夫婦のダニエルとレズリーもいる。

製薬会社のデュラント社長はサメを使った実験をしていた

ミスティは施設の敷地内にいるオオメジロザメが実験対象だと知り憤る。しかもよりによって最も狂暴なオオメジロザメだなんて、と。しかしデュラントは施設のメンバー、アーロンを海に突き落とし、近づくサメをブザーで制御して見せる。サメは調教されていて安全だと言われるがミスティはどうしても納得がいかない。また後で説明するからとデュラントはミスティを制する。

自室に戻ったデュラントは、秘書から「今朝サメが脱走して人を殺した可能性がある。」と聞かされる。しかしデュラントは「目撃者はいない。それにサメは一度脱走したのにトレントと戻ってきたんだろう?」と嬉しそうに話す。

ここではサメの抗体を使って、記憶力や集中力、決定力を向上させる向知性薬を作る研究が行われていた。デュラントは人工知能の進化を危惧しており、この薬を完成させれば人工知能にも負けない知能を人間が手に入れられるようになると考えていた。しかしこの研究でサメの知能は向上、巨大化した上に狂暴になってしまったのだ。

人が死んだのは大問題になると話す秘書に対し、デュラントは研究が終わればサメは皆殺しにすること。ヒレに発信機がついているからどこにいても分かることを話して安心させる。

ミスティは実験対象のサメが妊娠していることを見抜く

一方食堂ではダニエルとレズリー夫婦がこの仕事を受けるかどうするか話している。妻のレズリーはイヤそうだが、夫のダニエルは実は以前から妻に内緒でデュラントと仕事をしていて、成功すれば大金持ちになれるからと説得する。怒る妻だったが研究資金が欲しい気持ちもあるので渋々このまま仕事を受けることに。

そしてラボに集まったミスティ、ダニエル、レズリーに、この仕事の全貌を伝えるデュラント。実際に見てもらおうとベラというメスのサメを連れてくることに。新薬について力説するデュラントだったが、施設の外ではサメたちが誰も乗っていないボートを動かして発電機に激突させ、その拍子で倒れたドラム缶の燃料が海中に流れ出していた。

ラボではデュラントの説明が続いている。ミスティをここに呼んだ理由はベラというサメの様子がおかしいから見て欲しいということだった。ミスティはベラが妊娠していると言う。

サメの仕業で大爆発が起こり施設の中に大量の海水が流れ込む

その時ラボに電気系統の異常を知らせるアラームが鳴り響く。外に様子を見に行くトレント。発電機から煙が出ているそばで燃料が流れ出している様子を見てブザーを鳴らすがサメはこない。トレントはラボに戻りモニター係に知らせる。燃料が電気柵に到達したら水中にある酸素タンクが爆発してしまう。

ラボでは麻酔で眠っているベラの細菌検査のため、マイクという男性がベラの口の奥に手を突っ込む。が、目を覚ましたベラに食べられそうになり間一髪ベラから離れる。次の瞬間、酸素タンクが爆発して施設内が大きく揺れる。そのはずみでベラは海中へ落下。施設の壁の一部は壊れて大量の海水が流れ込んでくる。

この時の衝撃でどうやらベラは出産したようだ。子ザメがデュラントの秘書を襲う。ラボのガラス窓から秘書の死体を見たミスティは、これはサメではなく子ザメの仕業だ。きっとさっきの衝撃でベラが出産したんだろうと話す。ピラニアより狂暴な子ザメが大量に産み落とされてしまったのだ。

とりあえず海上に出なければならないが、出口は全て海の中。電気柵は壊れたのにサメたちは逃げない。みんなベラの言いなりで自分たちに復讐しようとしてるんだとアーロンは怯える。

マイクがスクーターで水槽から海面に上がり助けを呼ぶと言う。が、マイクはサメに体当たりされて気を失ってしまう。すぐに助けに入るトレントがマイクと共に水槽から戻り、ミスティの心肺蘇生によってマイクは意識を取り戻した。

次こそはやってやると水槽に向かうマイクにサメがダイブ。そのまま頭を食いちぎって行った。

子ザメに追われつつも出口を探す

殺人サメは殺さなければと訴えるミスティと、研究を続けたいデュラントが言い争いを始める。しかし次の瞬間ふたたび爆発が起こり海水に飲まれて皆は散り散りになる。

ミスティはトレントと共に行動。トレントからデュラントが薬を飲んでいることを聞かされる。薬を飲み始めてからデュラントはおかしくなっているようだ。

途中でデュラントと合流する。濾過室に行けば通気口から点検用のハシゴで海上に出られるとデュラントが言う。

一方、妻のレズリーを必死にさがしていたダニエルは子ザメに襲われそうになるが、なんとか天井のパイプにしがみつき難を逃れた。子ザメは狙いをアーロンとジョシュに変える。必死に逃げる2人だったがジョシュが嚙み殺されてしまう。

濾過室にたどり着いたミスティたち。だがドアを開けた瞬間ダニエルの声が聞こえてきたのでミスティはそちらへ向かう。そしてトレントがハシゴの様子を確認している隙にデュラントはドアハンドルを取って開かないようにしてしまう。それを見てデュラントを殴るトレント。ダニエルを見つけられず戻ってきたミスティに事情を説明して他の出口を探すよう伝える。

逃げようとするデュラントと言い合いになるトレント。デュラントはコンピューターとの戦いに備えるために薬が必要だと力説するが、トレントは「人間にとっての真の敵は人間だ。」と反発する。

一方ずっと気を失っていたレズリーはようやくドア越しに夫と会えた。しかしそれも束の間、レズリーは夫の見てる前で子ザメに食べられてしまう。

次々と殺されるメンバーたち

海上にたどり着いたトレントとデュラント。衛星電話で救助を要請する。

レズリーを目の前で失ったダニエルは失意のどん底。力なく通路を歩いていたところ、アーロンと合流する。そしてアーロンからレズリーの分も生きるんだと励まされて2人は協力して出口へ向かう。

ミスティは酸素ボンベやガスバーナーを見つけ先ほどのドアを開ける。そこへアーロンとレズリーが現れ、3人でドアの向こうへ行こうとする。しかしその時子ザメが近づいてきた。ミスティは2人に先に行かせ、ガスバーナーで子ザメを退治しようとする。しかし子ザメはドアの隙間から2人の元へ行ってしまう。

どんどん水かさが増してくる中ハシゴを登りついに海上に到着したアーロンとダニエル。トレントに引き上げられるもダニエルは子ザメに食べられて下半身がなくなっていた。

ミスティは水槽から海に入り海面に出てきた。迫るサメを振り切りなんとか海上へ上がる。ミスティはデュラントを見て「私を見殺しにしようとした!海に落としてやる!」と掴みかかるがトレントに今はやめておけと止められる。

その時こちらに近付いてくる救助用のドローンが見えた。しかし次の瞬間サメが食いついてドローンは破壊されてしまう。

施設を爆破してサメを一掃したと安堵するが…

このままでは皆が乗っているこのドックも水没してしまうから少し離れた場所にある船に泳いでいこうとトレントが提案する。サメがまだ近くにいるとミスティは言うが、もうそれしか方法がない。怖気づくアーロンを海に突き落とすミスティ。そして自分たちも海に入り一斉に泳ぐ。デュラントも意を決して海に飛び込む。

必死に泳ぐ4人。しかし途中でアーロンがサメに海中へ引きずり込まれてしまう。

そこへベラが現れる。デュラントはベラを見たくて海中へ潜る。真正面から迫ってくるベラだったがデュラントは食われなかった。海面に顔を上げたデュラントは「ははは!ベラの主人は私だ!」と叫ぶ。しかし次の瞬間ベラに丸飲みにされる。

何とかボートにたどり着いたミスティとトレント。エンジンを回すがかからない。そこへ突進してくるベラ。体当たりされるその瞬間、背中合わせになった2人が照明弾を発砲し、それがベラの口内にヒット。そしてベラは沈んでいく。

その時アーロンがボートの底から現れた。サメが口を離した隙に潜って隠れていたらしい。

ボートもエンジンがかかり、岸へ向かう3人。途中でミスティがサメをしっかり退治しないと、と言うのでトレントは先ほどデュラントから奪ったカギを使って施設を爆破する。これでサメたちは始末できたはず。

3週間後、楽し気にサーフィンをするカップル。しかしその海中ではベラと子ザメたちがこちらへ向かって泳いでいた。

れいこ

ここまでがあらすじだよ。結末までがっつりネタバレしちゃった。

それじゃあここからは感想をぶちまけるね!

映画「ディープ・ブルー2」の感想【サメ映画好きの要素が盛りだくさん】

舞台背景が海に浮かぶ研究施設ってところでもう(゚∀゚)キタコレ!!状態です。ディープ・ブルーはサメを使った研究施設がぶっ壊れてからが本番ですからね。

施設内に入り込んでくる大量の海水。散り散りになるメンバーたち。良いよ良いよ~。分かってるね~。海水の中で身動きが取れない恐怖をお茶の間で味わえるってのがサメ映画の醍醐味ですね。こっちは安全だけど君ら大変そうね、って。

前作でも思ったんですが、水圧で扉の開閉ができないのって本当にもどかしい気持ちになりますね。水の中ってのは普段できる事ができなくなっちゃうんだよね…。だから海は行きたくないねん。

しかもそんな不自由な状況で子ザメがうようよしてるって、ヤバすぎでしょ。ピラニアの恐怖ってのは良く分からないんだけど、ピラニアより狂暴ってミスティが言ってたし、相当ヤバそう((((;゚Д゚))))

巨大なサメにパクっとやられる方がまだマシな気がします…。子ザメに少しずつ食われていくのって結構キツイ。まぁどっちもイヤだけど!

目の前で妻が子ザメに食べられるのを見てしまったダニエルは可哀想だった。結局自分も子ザメにやられちゃうんだけど、天国で妻に会えるならその方が幸せかもって思いました(T_T)

つーかデュラントはヤバいです。救いようがない。自分で薬飲んじゃうし、ああいう人を狂信者って言うんでしょうかね。とにかく頭の中は「人工知能には負けない!絶対に最高の知能を手に入れる!」って事しかない感じで。

ちょっと笑ったのはデュラントが薬を飲んだ時に小難しい記号とか数式みたいなやつがブワーって浮かび上がって、「え、こいつ一瞬ですごい頭脳を手に入れたんか?」みたいになったのに特に変化がなかったこと。しかも2~3回も飲んでたのに(笑)

まぁでも最後ベラに向かって行くという奇行に及んだのは間違いなく薬のせいかもですが、単純にハイになってただけやん、ならお酒で良いやんって思ったのは私だけではないはず(笑)

ぶっ飛んでたと言えばミスティも相当でしたね。ウェットスーツのチャックをなぜか上まで閉めずにやたらと胸を強調してみたり、海に飛び込むのを躊躇するアーロンを突き落としたり。アーロン好きなのであの時はちょっとイラっときました。「いや、もう少しやり方あるだろ?」って。強引やねん。

ミスティが子ザメをガスバーナーで退治しようとした時は全力でツッコみました。

そんなんで倒せるかーい!!

え、何なの?馬鹿なの?結局子ザメは普通にミスティを通り抜けてダニエルとアーロンを追ってっちゃったじゃん。詰めが甘いんだよ!最後だって施設を爆破してもう安心みたいな顔してたけど、子ザメは海中のどこにいるか分かんないんだし、逃げ出してるって考えるのが普通じゃない?何やり遂げた感出してんの!詰めが甘いんだよ!(2回目)

トレントはまぁ良い。前作のカーター的な位置づけで、とにかく誰でも助けようと頑張るキャラだからイラつく事はなかった。でも最後の最後、ミスティと背中合わせで銃を構えた時だけは吹いたよ。アクション映画のヒーロー物によくあるやつやんって(笑)

ミスティもドヤ顔で銃構えてて、「ベタ過ぎ~!」って1人で笑ってました。あのシーンちょっと浮いてたよ(;・∀・)

あと全編通して子ザメがキャッキャしてて可愛かった。こっち向かってくる時めっちゃ知らせてくる。今からそっち行きますよ~って(笑)

大人のサメは静かに忍び寄ってくるから気が付いたらパクりだけど、子ザメは存在知らせてくれるから逃げやすいと言えば逃げやすいのかな?でも泳ぐスピードはやっぱり早いし、何匹いるか分からないから厄介だけど。

まぁでも何だかんだツッコみながら楽しめました。今作はヒロインが助かったのでこの後トレントとの進展があったりするのかな~なんて余韻に浸ってます。欲を言えば前作のコックのような存在が欲しかったかな。まぁちょっと弱いけどアーロンがそうなのかもです。見事に死亡フラグへし折ってくれました(笑)

結局子ザメは生きていたので続編は子ザメが成長して人を襲うのかな?まだまだ「ディープ・ブルー」は楽しませてくれそうですね~。

みんなの評価レビュー映画「ディープ・ブルー2」に対するみんなの評価・レビュー【結構ボロクソ言われてて草】

映画「ディープ・ブルー2」は子供と見ても大丈夫?

「ディープ・ブルー2」は年齢制限なしなので、小さなお子さんでも見れることになってます。

でも子ザメにやられた後の描写はちょっとグロいので、見るなら小学校高学年くらいからかな~って感じです。エロは一切なしですよ。ミスティがやたらと胸元を強調してくる気がするけど、まぁ笑ってやり過ごせるレベルなので大丈夫です(笑)

ちなみに前作「ディープ・ブルー」は13歳以上の年齢制限があったんですよ。不思議ですよね、グロさとかあまり変わらないんだけど、当時は年齢制限が厳しかったんですかね。

ちなみにお子さんと一緒に見たら絶対デュラントが薬を飲んだ時の「ドクン!!」ってところは笑うと思います。一週間くらいは真似するかも(笑)

映画「ディープ・ブルー2」が好きならこの映画もおすすめ!

「ディープ・ブルー2」のような、逃げられない恐怖を味わいたい人には「海底47m」がおすすめです。

2人の姉妹が軽い気持ちでケージ内からサメを見学することになるんですが、ケージのワイヤーが切れて海底47mに取り残されてしまうお話しです。ただでさえ絶望的なのに狂暴なサメに容赦なく襲われるという、サメ映画好き大興奮のシチュエーションなんです(*´Д`)

ラストは衝撃的すぎて、軽い気持ちでサメ映画を楽しむつもりだった私の度肝を抜きました。

関連記事「海底47m」ネタバレありの感想【ケイトがどうなったのかが気になる!】

まとめ:「ディープ・ブルー2」は前作の良いところを受け継いだ正統派サメ映画

今回は、映画「ディープ・ブルー2」のネタバレありのあらすじと感想をぶちまけました。

「ディープ・ブルー2」は前作の良いところをきちんと受け継いでいる正統派。私は前作「ディープ・ブルー」と立て続けに見たんですが、どちらも楽しめました!

めちゃくちゃネタバレしたけど、内容を分かった上で見るとそれはそれで楽しいので、ぜひ自分の目で見てみてくださいね!

\21万本以上が見放題!/

U-NEXTの無料お試しで「ディープ・ブルー2」を見る

解約はいつでも自由

▼定額見放題のサービスをじっくり比較したい人はこちら

-アニマルホラー