ホラー

シャークネードのあらすじと感想を盛大にネタバレしながら紹介【ノヴァが有能すぎ】

2021年10月5日

こんにちは、れいこです。

れいこ

家にいながらまったり映画鑑賞するのが大好きなアラフォー女性だよ。インドア最高。

ホラー映画が好きなんだけど、特に大好物は海の恐怖を描いた映画。サメとかワニとかは鉄板だね。

B級のサメ映画として不動の地位を築いている「シャークネード」の1作目をついに見ました。

シャークネードは2013年の映画ですが、コアなファンがついたことでシリーズ化して2018年の6作目で完結しました。人気があるのは知っていたものの食わず嫌いしていた私。でも「サメ映画好きを語るならシャークネードシリーズは外せないだろう!」ってことでついに見たわけですが…。ええ、良い意味で裏切られましたよ。

今回は、映画「シャークネード」の記念すべき1作目のあらすじと感想を盛大にネタバレしながら紹介していきます。B級とあなどっていた私ですが、シャークネードに対するイメージは180度変わりました。映画「シャークネード」を見ようか迷っている人は参考にしてください!

れいこ

見どころはウザいと思っていたノヴァが実はめちゃくちゃ活躍するところ。最後はびっくりを通り越して笑いが出たよ(笑)

この記事に書かれている内容

  • 映画「シャークネード」のあらすじをネタバレしながら紹介
  • 映画「シャークネード」の感想【ノヴァが有能すぎ】
  • 映画「シャークネード」は子供と見ても大丈夫?
  • 映画「シャークネード」が好きならこの映画もおすすめ!
れいこ

それでは、今日も飛ばしてまいります!

映画「シャークネード」の概要

映画情報

  • タイトル:シャークネード
  • ジャンル:ホラー/パニック/ダークコメディ
  • 製作国:アメリカ
  • 製作年:2013年
  • 上映時間:87分
  • 年齢制限:なし
  • 監督:アンソニー・C・フェランテ
  • 脚本:サンダー・レヴィン

キャスト

  • フィン(主人公。海沿いでバーを経営している):アイアン・ジーリング
  • ノヴァ(フィンに好意を寄せる従業員):キャシー・スケルボ
  • バズ(フィンの親友):ジェイソン・シモンズ
  • フェリス(フィンの店の常連のじじい):ジョン・ハード
  • エイプリル(フィンの元妻):タラ・リード
  • マット(フィンの息子):チャック・ヒッティンガー
  • クラウディア(フィンの娘):オーブリー・ピープルズ

映画「シャークネード」のあらすじをネタバレしながら紹介

※以下、めちゃくちゃネタバレしてます。先にストーリーを自分の目で確かめたい人はU-NEXTで無料で見られますよ!

\もれなく600円分のポイントがもらえる/

U-NEXTを無料で試す

31日間無料で21万もの作品が見放題♪

嵐と共に姿を現したサメ

メキシコ沖32キロで漁をしている船員たち。小さいサメがたくさん釣れている。

船長は何やら怪しげな男とビジネスの交渉中。どうやらこの船の積み荷と船を譲る話をしているらしく、10万ドルと提案する男に対して100万ドルだと譲らない船長。結局50万ドルで交渉成立し、船長は男から手付金を受け取る。

遠くに雷雲が現れたのを見て大慌てで船内に入ろうとする船員。一方船長は交渉が成立したので男と乾杯を交わしていた。その時、船が大きく揺れる。波にぶつかったようだ。そして波によって船に打ち上げられたサメが船員を襲う…。

この騒ぎに便乗した男は手付金を持ち出して逃げようとするが、海面から飛び掛かってきたサメに食いつかれて海の中へ。船長もハリケーンの中から現れたサメに食べられてしまった。

サメが現れて騒然とするビーチサイド

場面は変わって楽し気なビーチサイド。

主人公のフィンはサーフィンを楽しもうと親友のバズに水上ボートで沖へ連れて行ってもらうところだ。

フィンの経営するバーでは従業員のノヴァが彼のいない間に店を切り盛りしていた。しかしハリケーンのニュースが流れると途端に曇り顔に。フィンがサーフィンしに行ってるから心配だと常連客のフェリスにつぶやく。

ハリケーンが近づいてる兆候を見てもサーフィンをしようとする女性。近くにいたフィンも女性と一緒にサーフィンを楽しむ。だがその時サメの姿が現れ女性が襲われてしまう。

しかしサメはこの一匹だけではなかった。たくさんの群れが浜辺に向かって泳いできているのだ。ライフガードもサメの存在を必死に知らせるが海水浴客が次々と襲われる。

フィンとバズもまだ海から上がれずにいたのだが、なんと水上ボートに乗っているバズはサメに足を噛まれてしまう。フィンはバズの代わりに水上ボートを運転。なんとか浜辺にたどり着いてバズの傷の応急処置をするフィン。傷はかなり酷いがそんな時でも「サメのおやつだな。」「うまくなかったらしい。」なんて軽口を言い合う二人だった。

後日、再びハリケーンの脅威が近づく

後日、フィンのバーで当時の様子を話のネタにしているバズ。そんな目に遭っても「あれは嵐のせいだ。海で泳ぐことは止めない。」と言うバズとフィン。しかしそれを聞いたフェリスは「あれはただの嵐じゃない、ハリケーンだ…。」とつぶやく。

その時、テレビから大きなハリケーンがくるというニュースが流れてきた。外の様子を見ると海の波が大きくなっている。危険を察知したフィンは元妻に電話をかけ、ハリケーンが来るから非難するように伝える。しかし元妻のいる地域ではそんな様子はないからと電話を切られてしまう。

フィンは「ハリケーンが来るから店を閉める!」とバーで飲んでいる客とノヴァに伝える。しかしフィンに好意を寄せるノヴァはここに残ると言って聞かない。そして次の瞬間、海水と共にサメが窓をぶち破って店内に飛び込んできた。これをノヴァが撃退。けが人を出さずに済んだ。

フィンの元妻の家へ向かうことに

フィンたちは自分たちで武器を探して身を守ろうとする。外に出るとハリケーンはより激しさを増していた。ハリケーンで海近くに設置されていた観覧車が外れて転がり、バーも壊滅状態でショックを受けるフィン。

ひとまずハリケーンは落ち着いたが、多数の死者が出たとニュースが報じている。

フィンは元妻と一緒に暮らしている娘が心配だから様子を見に行くと言う。ノヴァはフィンに娘がいるのは知らなかったようでショックを受けるが、「私もあなたの家族を見たいから一緒に付いていくわ。どうせ自分の家は帰れる状態じゃないし。」と言う。

そしてフィン、ノヴァ、バズ、フェリスの4人はフィンの車で移動することに。道路は水没している箇所が多いものの、フィンの車は電気系統をシリコンで覆ってるから問題ないらしい。

水没した道路で泳ぐサメが容赦なく襲いかかる

水没した道路ではサメが何匹も泳いでいて、容赦なく車に体当たりしてくる。

途中で立ち往生して車から降りている若者を見かけ、ノヴァが「危ないから車に入るように!」と注意するが、「たかが雨で何が危ないんだ。」と聞く耳を持たない。ここまでの事態になっていることを知らないようだ。

フィンは「言っても無駄だ。」と彼らの車をよけて通り抜けようとするが、その時に高波が襲ってくる。バックミラーを見るとサメの大群が。先ほどの若者たちが犠牲になるのを心配したフィンは車から降りて助けに向かう。ノヴァも付いていく。

数人が犠牲になるが、フィンとノヴァのおかげで大多数を高台に避難させることができた。

しかし一人逃げ遅れた女性が、車の中に犬がいるから助けて欲しいと叫んでいる。見かねたフェリスが窓を割って助けてあげるが、これで逃げ遅れてしまい波と共に巻き上げられてきたサメに食べられてしまう。フェリスの死にショックを受けるフィンたちだったが、「水がどんどん上がってきてるから急いでこの場を離れよう!」と移動することに。

そして車で通るには絶望的な道をなんとか抜けて大きな道路に出た3人。車から流れるサメのニュースを聞きながら元妻の家へ向かう。

元妻の家の中にまでサメが入ってきて犠牲者が…

なんとか丘の上にある元妻の家へ到着。元妻も娘も無事だった。こちらの地域はまだそこまででひどい状況ではなく、血相を変えて飛び込んできたフィンたちに呆然としている。

嵐がくるから避難しようと娘に訴えるフィン。しかし元妻の彼氏に挑発的な態度を取られる。両親の離婚に不満がある様子の娘からも「パパとはどこにも行かない!」と突っぱねられてしまう。

ノヴァが必死に危険を訴え、この家のプールにもサメがいると伝えるが本気にしない元妻の彼氏。「そんなまさか!」と窓から外の様子を見ようすると窓ガラスをぶち破ってきたサメに襲われる。フィンたちはなんとか助けようとするが彼氏は食われてしまう。

彼氏を食ってもまだ襲いかかってくるサメをなんとか撃退しようともがくフィンたち。結局ノヴァが銃でサメを撃ち殺した。家の中に入り込んできた海水は彼氏とサメの血で真っ赤に染まっていた…。

ここにいても状況は悪くなるだけだからもっと内陸に行こうと提案するフィン。しかし娘が兄のマットが学校に残ったままだと言う。フィンは「マットはフロリダにいると聞いていたぞ!」と怒る。そしてフィンに息子までいることにショックを受けるノヴァとそれを見て大げさに驚いたふりをするバズ。

次に向かうのはフィンの息子がいる航空学校

そして自分がサメを追い出すからそのすきに車に乗り込むように言うフィン。命からがら何とか車までたどり着きその場から脱出する。ハリケーンに飲み込まれ家はあっという間に崩れる。間一髪だったのだ。

車中で流れるニュースでは、海から大群のサメが押し寄せており、排水管や下水管から市内の至るところに入り込んでいるとのこと。

弾丸の予備はあるか聞くノヴァに対して急にラテン語で返すフィン。娘がラテン語を勉強しているのか「どんな意味か分かるか?」と尋ねるフィン。娘はなんでこんな時に…と言いつつも「常備している。」と答える。こんな状況でも娘がきちんと勉強を頑張っているのか気にかけているフィン。

そして「災害のために弾丸は常備してるんだ。」と話すフィンに、バズは「隕石やゾンビのためにな。だが今回はサメだ。」と軽口を叩く。フィンも笑いながら「サメで良かった。」と返す。

今にも水没しそうなスクールバスを発見して救助へ向かうフィンたち

途中で水没しそうなスクールバスを見つけたフィン。息子のところへ急ごうと奥さんが促すが放っておけないフィンは救助に向かう。

スクールバスにはたくさんの子供たちが乗っていた。サメがバスに衝突して怖がる子供たち。子供たちを必死に励ます運転手。

フィンは橋の上からスクールバスのところへロープを使って降りる。そしてロープで子供たちを一人ずつ上にあげる。ノヴァと元妻がそれを手伝う。バスの中から必死に子供たちを励ます運転手。

子供たちは全員救出。最後に運転手。そしてフィン。サメが飛びついてくるが何とか全員上がれた。「無事で良かった!」とフィンに抱きつくノヴァを見て目を丸くする元妻。その時遠くにロサンゼルスのシンボルであるハリウッドサインが見えた。

落ち着いていたハリケーンが再び激しさを増し、バスの運転手の元へハリウッドサインの一部が激突、あんなに子供たちの身を案じていた運転手は死んでしまう。

レンタカーで車を調達してノリノリなフィンとバズ

遠くではハリケーンが海水を巻き上げてできる水柱が発生している。再び出発するフィンたち。今度はフィンに代わってノヴァが運転をすることに。

しばらく走ると車が何かの衝撃を受ける。次の瞬間、なんとサメが車の屋根をぶち破って後部座席の娘たちに食いつこうとしている。なんとか撃退しようとして手を怪我してしまうフィン。ノヴァが運転しながらも銃で撃退する。

しかし、ついに車が止まってしまう。水が入り込んでしまったのだ。車内に立ち込めるガソリンの匂い。急いで車から全員脱出するが、その直後に車は爆発。

フィンたちは近くの店で必要なものを買い込む。その店内で娘がノヴァに「パパのことだけど、ママみたいに傷つけられるだけだよ。」と忠告する。でもフィンが大好きなノバは意に介さない。

店の近くにレンタカーの店を発見して喜ぶフィンたち。新しい車をゲットして息子の元へ急ぐ。今度はバズの運転。

途中道路が封鎖されていたが、バズは強行突破してしまう。警官に追われるが振り切れと言うフィンにノリノリなバズ。車に搭載されているニトロボタンを押してブーストをかけるフィン。警官を振り切ることに成功。

息子の学校へ到着したフィンたち

そして息子の学校に到着。学校は航空学校だ。その隣に老人施設があることをぼやくノヴァに対して「耳が遠いから良いんじゃない?」と返す娘。

遠くに竜巻が迫っているのを見て「こいつは飛ばされるぞ…。」と危機感を抱くバズ。なんとか校内で避難していた息子を見つける。他にも数名が一緒にいた。何が起きてるのか知りたがった女性が様子を見ようと部屋から出たその時、竜巻に飲まれてしまう。フィンたちは竜巻に飲まれないように奥へ避難してなんとか無事だった。

この状況だと移動するのは難しいと判断し、降ってくるサメと戦おうと提案するフィン。航空学校の倉庫には何でも揃っているから武器になるものを探そうとなぜかウキウキな息子。

そして倉庫を物色して各自が武器を調達する。

息子がサメを退治するために“ある提案”をする

息子は「ヘリで竜巻に近付いて爆弾を落とそう!」と提案する。危険だからと止めようとするフィンたちだったが、息子の熱い気持ちに圧倒されて認めることに。息子がヘリを操縦、ノヴァが爆弾を落とすことに決まった。

娘はこの状況でもフィンに対し「どうして兄を助けるためには協力するの?私だって娘なのに…。」と不満を漏らす。二人とも大事なんだと必死に伝えるフィン。

一方、息子はノヴァに対して興味がある様子。ノヴァが足にある傷跡を隠す様子を見て、ノヴァを気遣った息子は自分の傷を見せる。「2歳のころ滑り台から落ちたんだ。この傷は好評なんだよ。」と明るく言う息子に対してノヴァは自分の傷は不評だと言う。そして自分の幼少の頃の体験を息子に話し始めるノヴァ。

自分は祖父母に育てられた。幼いころに祖父に連れて行ってもらった釣りでサメに襲われて怪我をした。その時に自分を助けようとして祖父を含む6人が食べられた。だからサメが憎いんだ、と。

それを聞いて僕もサメが大嫌いだと言う息子。なんだか良い雰囲気。

その傍らでバズはせっせと車に爆弾を運んでいる。何をしているんだと問うフィンに、「万が一の時は車ごと爆破させる。お前は家族のことを守れ。」と返す。バズの覚悟を感じたフィンは「分かった…。」と頷く。親友だからこそバズの覚悟は変わらないと感じたのだろう。

ついに作戦を決行する時がきた

ヘリに乗って上空へ向かう息子とノヴァ。見守るフィンたち。竜巻は全部で3つある。

竜巻の中にいる無数のサメに向かい地上から銃を撃つフィン。少しでも息子たちの負担を減らしたいのだ。

ヘリは一つ目の竜巻にギリギリまで接近。そして爆弾を落とすノヴァ。なんとか爆破は成功し、サメを何匹か倒した。落ちてくるサメは地上にいるメンバーで倒す。しかしその際に学生が一人犠牲になってしまう。バズもサメに足を噛まれてそのまま竜巻に巻き上げられてしまった。

二つ目の竜巻に接近。今回も成功する。しかし落ちてきたサメに学生がまた一人やられてしまう。

隣の老人施設ではのんきにプールで楽しんでる老人の姿が。職員が必死にプールから上がるように叫ぶが老人たちは気にしていない様子。が、そのプールにサメが落ちてきた。助けに向かったフィンはガソリンをプールに流し込んで火をつける。

ノヴァがとうとうサメの犠牲になってしまう

上空では息子が三つ目の竜巻に接近。今までのより大きく、今回は失敗してしまった。もう爆弾はないから一度地上に戻ろうとするが、竜巻の中にいるサメがヘリに食いついてきた。そのサメを退治しようとしたノヴァだったが食べられてしまう。

ヘリは煙をあげて不時着。息子はなんとか無事だった。ノヴァが死んでしまったことを嘆く息子に対し、「老人施設にいるみんなのところへ行け。俺が終わらせるから…。」と伝えるフィン。

そしてフィンは爆弾が積んである車に乗り込みサメがいる竜巻へ向かう。爆弾をセットしてニトロボタンを押してギリギリのところで車から飛び降りる。竜巻の中で車は爆発。大量のサメが地上へ落ちていく。

老人施設に戻ろうと走るフィンを見て家族がこちらに走り寄ってくる。「危険だから戻れ!」と叫ぶフィンの声は届かない。

サメの口の中へダイブしたフィン。死んだと思ったその時!

そして娘の頭上にサメが落ちてくる瞬間、フィンは咄嗟に娘を突き飛ばしてサメの口に向かってダイブ。フィンが食べられてしまったと唖然とする家族たちだったが、どうもサメの様子がおかしい。小刻みに振動している。

実はこの時フィンはチェーンソーを持っていたのだ。そして体内からチェーンソーでサメの体を切り裂き血まみれで脱出。驚くことにこのサメは上空でノヴァを食ったサメだったらしく、ノヴァまで体内から助け出す。

ノヴァは生きていた。喜ぶ息子。意識を取り戻したノヴァは「やっぱりサメは嫌い。」とつぶやく。

そしてハリケーンはおさまった。

良い感じの息子とノヴァ。そしてフィンにキスをする元妻。どうやらこれで一見落着。

れいこ

ここまでがあらすじだよ。結末までがっつりネタバレしちゃった。

それじゃあここからは感想をぶちまけるね!

映画「シャークネード」の感想【ノヴァが有能すぎ】

もうね、とにかくノヴァが有能すぎなんです。ここぞって時に必ずサメを撃退してくれる。運転してる最中だろうが確実に仕留めてくれる。めちゃくちゃ頼りになる女性です。銃の扱いが上手で、「サメを倒すためにどっかで訓練したのか?」って思うほど。

最初はフィンに対して一方的な好意を押し付けてる感じで「この人ウザいな…。」なんて思ってたんですが、中盤くらいから一番の推しキャラになりました。カッコいい女性って好きなんですよね~。

でもってフィンに対して好意をグイグイ伝えてくる感じも可愛いんです。いや、最初はそこがウザかったんだけど推しキャラになった途端に可愛く思えてくるんだから不思議です。

フィンに娘と息子がいたって知った時の反応がリアルで面白いんです。めちゃくちゃショックを受けるってわけでもなく、静かにショックを受けてるってのが伝わってきました(笑)

ちなみに元妻がフィンに抱きつくノヴァを見た時はもっとすごいリアクションでした。目を丸くして「んまあぁぁ!!!???」って感じで(笑)

最後は元妻からフィンにキスしてたけど、もしノヴァのような存在がいなかったら元妻もそこまでフィンに対して執着しなかったんじゃないかな~とか考えちゃうんですよね。嫉妬するのに好都合な若い女性がいたから対抗意識みたいなのが芽生えちゃったんかなって。

あとは吊り橋効果でフィンがカッコよく見えちゃったってのもあるんじゃないですかね?いや、それ言うなら息子のノヴァに対する気持ちも吊り橋効果の成せる技なのかも知れない…。

まぁきっとフィンと元妻はヨリを戻すんだろうけど、そうなるとノヴァは息子に乗り換えるのかな?どうなんだろ。年齢的には絶対息子との方がしっくりくるんですけどね。

それにしても娘の演技が下手くそでちょっとイラっときました。家の中で自分の母親の彼氏がサメに襲われるとこ、口元が少し笑ってるように見えたんですよね。いや、サイコパス設定とかではないから単にそういう演技になっちゃっただけのはずなんですが。

そんでもってパパに対しての態度!今その態度しなきゃダメなの!?って頭を掻きむしりました。非常事態やぞ。

でも作中イチ可愛いから許す。(可愛い子に弱い)

息子は超良いヤツです。航空学校の生徒だから将来有望だし、性格も癖がない感じで前向きで、フィンの良いところを受け継いでる感じ。ぜひノヴァと結ばれて欲しいところ。

なんて、シャークネードではサメそっちのけで主要キャラに思いを馳せていた私。とにかく家族のために頑張るフィンも超カッコいいし、「こいつ絶対死なないな…。」って安心感があるので、最後までどっしり構えて楽しめました。

フィンってあれですよ。「ワールド・ウォーZ」のジェリー(ブラピ)並みに頼りになる感がパネェんですよ。

あぁ、あと「ジュラシック・ワールド」のオーウェンも同じ系統ですね。

3人に共通しているのは「この人のそばにいれば私は絶対に死なない!」という安心感。そりゃ若いノヴァも夢中になるわ。

でもフェリスとバズが死んでしまったのは少し残念でしたね。特にバズ。親友ポジで良い味出してたからぜひ次のシリーズでも活躍して欲しかったんですが、さすがにバズが生きてたってのは無理があるだろうからもう出ないんだろうな。本人は出演を切望しているとか(笑)

ここまで、あまりにもサメのことに触れていないので少し話しますね。えぇと、サメの描写はB級のそれでした。でも思っていたよりちゃんとしてるって印象です。個人的には「シン・ジョーズ」より上だと感じましたね。

竜巻の中に無数にいる様はもう面白すぎて「ひゃははぁ~」なんて変な笑いが出ましたが、シリーズが進むにつれてもっとすごいことになるって知っていたので思ったよりトンデモ設定という感じがしなかったです。シリーズ制覇する前に色々調べたので免疫ついちゃいました(笑)

これから他のシリーズを見るんですが、キャラに愛着がわいたのでどんな設定でも楽しめる自信があります!

「シャークネード」に対するみんなの評価・レビューはこちら

映画「シャークネード」に対するみんなの評価・レビュー【1分ごとに現れるツッコミどころ】

「シャークネード」に対するみんなの評価・レビューを紹介しつつ、あーだこーだ語っています。思わず笑ってしまうものから「よく見てるな~。」というものまであるので、「シャークネード」をまだ見てない人も、これから見る人も、ゆる~い気持ちで参考にしてください。

続きを見る

映画「シャークネード」は子供と見ても大丈夫?

シャークネードは全年齢対象なので子供と一緒に見ても大丈夫です。むしろ家族のために必死に奔走するフィンの姿をお子さん達と一緒に見て欲しいですね。

もちろんお色気シーンも一切なし。グロは…う~ん。ラストのチェーンソーでサメから出てくるところは少しだけグロいと感じるかもだけど、まぁもし心配ならそこだけ目を瞑らせれば大丈夫でしょう。

サメが怖い映画というより、家族を助けようと頑張るフィンを手に汗握って応援する映画って感じなので、家族愛を学ぶにはもってこいです。家族愛を学べるサメ映画は貴重です(笑)

映画「シャークネード」が好きならこの映画もおすすめ!

B級のサメ映画、トンデモ設定と言えば「〇〇ヘッド・ジョーズ」シリーズです。

シャークネードシリーズを手掛けたアサイラム社が製作しているので面白さはお墨付き。そのタイトル通り多頭サメが出てくる映画です。

ダブルヘッド・ジョーズ

「〇〇ヘッド・ジョーズ」のシリーズは以下のとおり。頭の数がどんどん増えていきます(笑)

  • 2012年:ダブルヘッド・ジョーズ
  • 2015年:トリプルヘッド・ジョーズ
  • 2017年:ファイブヘッド・ジョーズ
  • 2018年:シックスヘッド・ジョーズ

頭を空っぽにしてツッコミながら楽しみたい人におすすめですよ。

まとめ:「シャークネード」は意外としっかり作られていた

シャークネード

今回は、映画「シャークネード」のネタバレありのあらすじと感想をぶちまけました。

B級だと思ってなめてた私をぶん殴りたいです。家族愛を軸に、魅力的なキャラクターたちがガチの演技で楽しませてくれた良作でした。

私の推しキャラのノヴァは次のシリーズ「シャークネード カテゴリー2」では出ないみたいで残念ですが、ノヴァの役割を元妻が担うのかな。期待したいところです。

「シャークネード」は主要キャラの悲壮な死はあまりないので、ホラー映画特有のじめっとした気持ちになることはありません。(そもそもホラーの括りで良いのか?)

サメ映画を気軽に楽しみたい人におすすめです!

こちらもツッコミどころ満載の笑えるサメ映画です

映画「シン・ジョーズ」を結末までネタバレ&感想【ジーナが超可愛い】

映画「シン・ジョーズ」を見ようかどうしようか迷っている人向け。サメ映画が大好物で今までに30本は見ている私が、映画「シン・ジョーズ」を結末までネタバレしていきます。目が肥えた私のリアルな感想もぶちまけるので、映画「シン・ジョーズ」を見ようか迷っている人は参考にしてください!見どころはジーナの可愛さと、動画撮影に執着するカップルの怖さです。

続きを見る

映画「シャークネード」全6作品を無料で見る方法

動画配信サービス、宅配レンタルの無料期間やポイントを利用すれば、映画「シャークネード」全6作品が無料で見られます。

無料で見られるおすすめのサービスはこちら。

サービス配信状況無料期間
月額料金
見放題
お試し期間無料
31日間
2,189円
(実質989円)

詳細を見る

DVDレンタル
お試し期間無料
30日間
2,052円

詳細を見る

特におすすめなのはU-NEXTです!

U-NEXTは月額2,189円(税込み)で約21万本もの作品が見放題。別途レンタルできる作品も約2万本と、他のサービスと比べて最多です。そしてU-NEXTの最大の魅力は毎月1200円分のポイントが必ずもらえるところ。ポイントは新作のレンタル・電子書籍の購入・映画チケット引き換えなどに使えるので実質989円。めちゃくちゃお得なんです。

U-NEXTは初回31日間無料で使えます。そして申し込みするだけで600円分のポイントがもらえちゃうんです。もちろんポイントはその場ですぐに使えますよ。無料期間に解約すればかかるお金は0円なので、まずは気軽に試してみましょう(*'ω'*)

\もれなく600円分のポイントがもらえる/

U-NEXTを無料で試す

31日間無料で21万もの作品が見放題♪

U-NEXTの申し込み手順

  1. パソコン/スマホ/タブレットのブラウザからU-NEXTの公式サイトにアクセスします。
  2. 「まずは31日間無料トライアル」をクリックします。
  3. 氏名、メールアドレス、パスワードを入力して「次へ」をクリックします。
  4. 決済情報を入力して「送信」をクリックします。
  5. 600ポイントが付与されます。今すぐに新作のレンタルや書籍の購入などに使えます。
  6. パソコンの場合はログインすればすぐに視聴できます。スマホ/タブレットの場合はホーム画面からアプリをダウンロードすればU-NEXTがインストール、視聴できます。

無料申し込みの詳しいやり方をまとめたものはこちら

【所要時間3分】U-NEXTの無料トライアルのやり方を画像で分かりやすく解説

ここでは、U-NEXTの無料トライアルのやり方を、画像を使って分かりやすく説明しています。所要時間はわずか3分で誰でも簡単にできちゃいます。無料トライアルを始める際の注意点やよくある質問もまとめているので、ここでは、U-NEXTの無料トライアルのやり方を、画像を使って分かりやすく説明していきます。所要時間はわずか3分で誰でも簡単にできちゃいます。無料トライアルを始める際の注意点やよくある質問もまとめているので、U-NEXTの無料トライアルをこれから始めようとしている人は参考にしてください。

続きを見る

れいこ

サクッと申し込みを終わらせて、この週末はおうちでのんびり映画鑑賞しよう♪

  • この記事を書いた人

れいこ

40代女性。夫、娘、息子の4人家族。 アニメ視聴歴30年近いミーハーおばさん。 昼間はオタクの顔を隠して普通の事務員を装っている。 ゲームも大好きで最近はSwitchを購入してウキウキ。

-ホラー